JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

離婚をすることに同意し役所にも自分で提出・母子手続きもした元主人。離婚後15年養育費は1度も欠かさず子供の誕生日、祝

解決済みの質問:

離婚をすることに同意し役所にも自分で提出・母子手続きもした元主人。離婚後15年養育費は1度も欠かさず子供の誕生日、祝い事も欠かさない大変真面目で人前では優しい話し方、笑顔、口数少なく、仕事は自営業でもくもくとこなす。お金には細かく、小銭をため込む 。自分の本心を見せる手段は人の批判、非常識、間違を指摘し一つの事柄から過去にまでさかのぼり批判材料を呼び起こし非難する。 子供とは親としての会話はが出来ないが気がついていない。娘23歳、20歳は相談してもすぐに自分は・・・に代わり相談にならないと・・私達今回協同生活するに辺り良い方向へ話を進めるものの話が進まない為不動産物件資料を送った事が非常識、間違っている、と実家の母に恨み事のように話しに行く。今までそのような事に怒りを感じたが、今回は何か違うと思い人格障害を調べて見たのですが。 何かが違う気がします。人から離れようとしていく感じその為にはその人を悪く見ていこうとわざと?ではなさそうなのでこれは何か普通の素人の価値観では判断できないのでご相談させて頂きました。
やはり人格障害傾向がありますか  なんだかわからない感じしかしないもので・・よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りは、元ご主人が人格障害(パーソナリティ障害)の診断基準を満たす可能性は高いように思われます。完全には基準を満たさないまでも、その傾向があることは十分に考えられるでしょう。

自分の価値観に拘泥し、融通が利かず、空気が読めない、常識がないという点ではアスペルガー症候群の可能性も考慮しましたが、「人前では優しい話し方、笑顔、口数少なく、仕事は自営業でもくもくとこなす」といったように、場面に応じて取り繕えることから、これは否定的であると考えます。

自分が正しいと思い込み(思いたがり)、そのための手段として他人を貶める性癖からは、もっとも当てはまりそうなのは自己愛性パーソナリティ障害であるように思われます。

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における自己愛性パーソナリティ障害の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【自己愛性パーソナリティ障害】
誇大性(空想または行動における)、賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。
以下のうち5つ(またはそれ以上)で示される。

1. 自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績やオ能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。
2. 限りない成功、権力、才気、美しき、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
3. 自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。
4. 過剰な賞賛を求める。
5. 特権意識つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
6. 対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
9. 尊大で傲慢な行勤 または態度。
質問者: 返答済み 5 年 前.
有難うございました。ネット上で人格障害の種類の中自己愛性と言う事が分かり納得しました。現在も養育費をもらう事で繋がりがあり関わりがあります。今やはりおかしいと思っていた事が分かり、離婚の要因もわかった様な始末です。 大変冷たい様ですが娘にも小学1年 生より不登校になり一生懸命わが娘で有る為取組現在は普通に過ごせています。しかし、元主人とはいえもう私にはこの様な状況に取り組んで力になろうとは思えませんので回避の仕方があれば教えて頂きたいのです。そして身近な方にお節介と思われようとも伝えた方が良いのでしょうか
どうか宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
元ご主人が自己愛性人格障害の診断基準に当てはまる、という前提で回答しますが、こういった方に対する最善の接し方はできるだけ接しないようにすることです
元ご主人との接触は、養育費の問題もあって0には出来ないのかもしれませんが、最小限にされるべきでしょう。

どうしても接するしかない場合は、以下の原則を頭に置いておかれるべきです。
パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか」という本からの抜粋ですが。

・相手の嫌な側面のことは一旦問題にせず、賞賛してあげる。そうやって認めてもらい、その上で相手の偉大さを傷つけないように助言してあげると耳を貸すだろう。
・自己愛性パーソナリティの人を動かすには義務や道理を説くより、不安や嫉妬心、功名心を刺激する。
・自己愛性パーソナリティの人は基本的に小心で、嫉妬深く、負けん気が強いので、さりげなく行動しなかった場合に生じる、不利益な事態に触れたり、競争心をつつくだけで、有効な動機付けとなる。

要するに、ムチは無効なので、ひたすらアメを使い続けるという方法になります。

事ほど左様に、人格障害者というのは扱い難い人々なのです。
とはいえ、ご主人を診察したわけではありませんから、ご主人が人格障害者であるという推測は推測でしたかありません。あまり言い広めるべき事柄ではないでしょう。

ただし、実際にご実家のお母様のように、実際に元ご主人を否応なく接する可能性がある方には、人格障害の可能性について伝えた方がいいかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
なるほどと思えます。ただ今は何でも病名的な物がつけられてしまう時代かとも思うのですが、確かに診断をして頂いた訳ではないので先生も確定的には伝えられないものの、相談内容によってはやはり当てはまらないのもあるのですよね。人間の個性だけの癖ではないと思ってよいでしょうか
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
仰る通り、「今は何でも病名的な物がつけられてしまう時代」で、人格障害もそのひとつかもしれません。

もともとは「病気として扱った方がいいくらいに偏った性格」というほどの意味ですし、前述のDSM-IV-TRという診断基準でも、人格障害は「必ずしも治療の対象にならない」二軍的な疾患として分類されています。

狭い意味での病気ではなく、お薬が効くわけではありませんが、「人間の個性だけの癖ではない」ものとして人格障害を捉えられるのは正しいご理解だと思います。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問