JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年の1月頃からめまい・手足のしびれが特に足のしびれがひどい・疲労感ある。 血液検査の結果:コレステロールが少し高

解決済みの質問:

今年の1月頃からめまい・手足のしびれが特に足のしびれがひどい・疲労感ある。
血液検査の結果:コレステロールが少し高い以外は異常なし。
脳のCT、腰のレントゲン撮影、首の頚椎も異常なし。
心臓のコレステロールも異常なし。
CAVI検査結果異常なし。
病名と適切な診療科を教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

直接診察できるわけではありませんので病名を絞りきることは難しいかもしれませんが、鑑別診断を挙げて診療科をお勧めすることはできるかもしれません。

少し補足情報をいただけないでしょうか。

①手足のしびれとは、感覚が鈍くなっているということでしょうか? それともぴりぴりとした感覚がするということでしょうか。動きには支障はありませんか?

②ご相談の問題で既に医療機関にかかられ、検査も受けられているようですが、これらの検査は何科で受けられたのでしょうか? 腰部も頚部も、「異常なし」はレントゲン検査の結果に基づくもので、MRI検査は行われていないと理解してよろしいですか?

③今年の1月、諸症状が現れるに先立って、何か特別な、きっかけとなるような出来事があったでしょうか。

④眠れていますか?

⑤食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

⑥仕事・家事・学業の能率は以前と変わっていませんか?

⑦趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1.手足のしびれとは、足のしびれが中心です。

 感覚が鈍くなっているということです。

 ぴりぴりもあります。

2.内科と神経内科です。

 腰部はレントゲンで、頸部はCTとエコーです。

 MRIはしていません。

3.母の介護の件でストレスが1年程度続いていました。

4.2ケ月くらい前までは睡眠不足でしたが、現在は普通に眠れています。

5.食欲不振で、何も食べられない時もあります。

 そんな時は、点滴しています。

 体重が、2週間で64Kgから3Kg程度減りました。

6.仕事も2時間くらいで疲労感で立っていられなくなります。

 今は、仕事も午後半日休んでいます。

家事もおろそかになっています。

7.その日によって波があり、憂鬱な時があります。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
ご返信・追加情報ありがとうございました。

なるほど診療科の選択が難しいケースですね。
単に手足のしびれならば、迷わず神経内科や整形外科受診をされるでしょうし。

結論から申し上げると、しかし、神経内科 or 整形外科⇒心療内科の順で受診されるべきかと存じます

精神科疾患の自律神経症状では、理論上どのような症状でも現れうるのですが、手足のしびれは、あまり典型的な「精神症状」とは言えません。
まずこれらの症状に関して脊椎の問題が無いかどうか、確実に調べる必要があります。
そのためにはMRI検査が必須です。
CTでは水平断画像しか撮れませんが、MRIならば矢状断といって、脊椎・脊髄を真横から見た画像所見を得ることができ、手足の痺れの理由を探る上でこれは不可欠な検査です。

その結果いかんに関わらず、心療内科/精神科の受診は必要であろうと思われます。
食欲低下や易疲労感、家事の能率低下、気分の落ち込みなどは、神経内科・整形外科的な疾患では説明がつくものではないからです。

MRIの結果、脊椎に問題があれば、手足のしびれは整形外科・神経内科で、精神症状は心療内科で診るという併診になるのでしょうし、MRIで問題がみつからなければ、手足のしびれも含めて心療内科での治療対象となるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問