JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

82歳の女性ですが、耳がボーとして、頭がふらつきます。地域の耳鼻科を受信したところ、耳に は、異常は、なく、かかり

質問者の質問

82歳の女性ですが、耳がボーとして、頭がふらつきます。地域の耳鼻科を受信したところ、耳に
は、異常は、なく、かかりつけの内科医にてめまいの薬をもらいました。(メニエース)
脳もCT、MRをとりま したが問題ありませんでした。
昨夜、耳の後ろの神経が切れるような感じがして眠れませんでしたが、 耳鳴りやボーとする違和感は、治らないと聞きますが。大きな医療機関を受診すべきか、そのおりは、神経内科、か耳鼻科どちら
を受信すべきなのかよくわからず困っています。
後、今後どのように生活していけばよいかお教え下さい
   




よいのかわからず困っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

原因がわからないめまいや耳鳴りは臨床の現場でしばしば認められる病態です。 患者様のストレスが大きいので、できるだけ早期に、耳鼻科と心療内科が連携して治療にあたる必要があります。

めまいや耳鳴り⇒精神医学的問題⇒ストレス閾値の低下⇒めまい・耳鳴りの悪化……という悪循環が生じてしまいがちです。 そうなると自律神経症状が重畳することで耳鼻科的症状が修飾され、複雑化していってしまいます。

この悪循環を防ぐ、もしくは断ち切るために、耳鼻科とともに心療内科も受診することが望ましいでしょう。

完治が可能がどうかについては、相談者様を診察しているわけではないので確定的なことは言えませんが、経験的にはこの種の問題は「完治にこだわるほど完治が難しく なる」傾向があるように思います。 薬で治るのは、感覚的には7~8割くらいまでです。残りは、「めまいや耳鳴りがありながらも普通の生活」というスタンスで生活していただくことで、患者様ご自身の自然治癒力 で良くなっていく印象があります。 五官というのは非常にデリケートな器官で脳との連携も密なので、意識を向けてしまうとそれに縛られ、縛られると耳鳴りが気になり……という悪循環が容易に成立して しまうためであろうと思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

追補です。

こういう学会があるくらい、耳鼻科と心療内科は近い関係にあります。

 

耳鼻咽喉科心身医学研究会

http://www.memaika.com/shinshin/

神経科 についての関連する質問