JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。高校2年になる自閉症で強迫行動から抜け出せない男児の母ですが、中学3年の頃から強迫観念の様なものが始まり

質問者の質問

初めまして。高校2年になる自閉症で強迫行動から抜け出せない男児の母ですが、中学3年の頃から強迫観念の様なものが始まり時期的に強迫行動がありましたが、高1になると私に対して突然アザが出来る程叩くなどの行動があり、段々と落ち着いて来ると今度は時期で無く毎日強迫行動を行う様になってしまいました。学校に登校するのに強迫行動で時間を費やし12時過ぎてしまう事も有りました。強迫行動は儀式的行為で、納得行かないとずっと行い、御飯やお風呂就寝までに支障があり悩んでおります。インターネットで色々調べてサプリメントなどで体質改善などを...とも考えたりして居ます。現在通院しているこども病院の神経科では自閉症で強迫行動を伴う子は初めてと言われてしまい、どうする事も出来ず進めずに居ます。トリプトファンが入ったサプリを試そうと思い、B6とナイアシンと一緒に摂ると良いと言うので試してみたいのですがトリプトファンもどの程度摂取して良いのかも分からずで、色々調べている所なのですが、お力を貸して頂けたら幸いです。お忙しい所すみませんがよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

ご子息にトリプトファンを飲ませてあげているくらいですから既に色々と調べられたのだと推察しますが、自閉症と強迫性障害は互いに非常に高い合併率を示す疾患同士です。
専門医療機関にかかられているとのことですが、主治医が強迫症状を伴う自閉症児を診察したことがないというのは俄には信じられないお話で す。

■ご子息の自閉症の症状や背景について少し詳しく教えて下さい。高校生とのことですが、普通学級でしょうか? 知的水準はどれくらいでしょう? 他者との意思の疎通にはどの程度の障害があるでしょうか。

■ご子息ご本人はご自身の強迫症状を苦しがっている様子ですか?

■煎じ詰めるところ、強迫性障害の治療は自閉症があろうが無かろうが同じことをするわけですが、十分量のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は処方されていないのでしょうか? 現在ご子息が服用しているお薬とサプリメントの内容と1日量をすべて教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しい所ありがとうございます。トリプトファンのサプリメントに関しては、未だ摂取しておりません。ネムルミンと言うサプリメントを見つけて購入しまして...試そうと思って居る所です。今現在試して居るのが、水溶性キトサンが良いと聞き仙遊丹を始めたばかりです。学校は養護学校に通っています。こちら側が言っている言葉は理解ありですが、言葉は単語~2言文位です。強迫行動に対しては囚われて居る感じでほどいて欲しい様で、足取れないと言う事が有ります。楽しい様にはと ても思えず、とても苦しそうです。御飯を食べるのにもお菓子一つにも水を飲むのにも一つ一つ儀式行為を行い夏は汗だくで、終わるまでは水分も絶対に摂らないと言う感じで心配でした。強迫行動の邪魔が入るとイライラしだして押すなどの行為もあったりでとても怖いです。薬に関しては頂いているものはリスパダールとトフラニールですが、ただ眠くなってしまうだけで効いているのかどうかと、薬で抑えてもと言う事で飲んでおりません。なので実際はこれからネムルミンを試してみようと思って居る所です。お忙しい所またまたすみません。よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

誠に不躾な申し上げ様になってしまいますが、これ以上サプリメントを購入するためにお金を浪費すべきではないでしょう。

 

どこで拾われた情報か存じませんが、中枢移行性が無い(脳に届かない)水溶性キトサンは、強迫症状のみならず、いかなる精神症状にも効果を現わしません。

 

トリプトファンが強迫性障害に効くと言われているのは、強迫性障害の主病態が脳内のセロトニンの不足だと考えられていて、トリプトファンがそのセロトニンの原料になる物質だからです。しかしながら、トリプトファンを多量に摂取しても、脳内のセロトニンが増加するという証拠はありません。

 

サプリメントは効かないからサプリメントなのです。

病気に効くなら、厚生労働省が販売元に治験をさせて薬として承認しますし、効果があるということは副作用もあるということですから、現在のように気軽にドラッグストアでは購入できなくなります。

 

既に強迫性障害への効果が科学的妥当性が高い治験によって示され、厚生労働省を始めとした世界中の規制当局が承認している薬物があるのですから、それを服用させるという選択肢を主治医が取らないのは大いなる疑問です。

現在処方されているリスパダールとトフラニールについてはわずかながら強迫性障害に対する効果が期待できますが、ご賢察のとおり鎮静作用が強く、効果と副作用が不釣り合いです。

 

現状、ご子息に処方されるべきで、相談者様がそれを拒まずにご子息に服用させるべきお薬は、前述のSSRI,具体的な薬品名としてはルボックス(=デプロメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロで、これらを承認された最高用量まで用いる必要があります。

 

最近はネットで色々な情報が手に入れられるので患者様もご家族も耳年増になりがちですが、適切に取捨選択できない限りは、まずは医学に頼られるべきでしょう。

 

と申しあげましても、その医学が宛てにならないからサプリメントに走る結果になってしまっているわけですが……

 

まずは現主治医にSSRIの処方を依頼すべきでしょう。

それが受け入れられないのであれば、主治医を変えてもらうか、病院を変えられるべきでしょう(自閉症の患者様は環境の変化に弱いので、できればこれは避けたい選択肢ですが)。

冒頭で述べたように、こども病院の神経科の医者が、自閉症と強迫性障害の合併を診られないなどというのはあるまじきことです。

適切な対処を、医学に求められることをお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

【参考サイト】

http://www.synapse.ne.jp/~shinji/jyajya/wadai/ssri1.html

http://autism.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/ocd-be05.html

http://www.nnaymp.net/30.html

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

先生は診察はされていないのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
もちろんしておりますし、強迫性障害は専門ですが、このサイトの規約で、専門家が相談者様との直接のやり取りを行うことは禁止されております。

悪しからずご了承ください。

神経科 についての関連する質問