JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Nyarlathotepに今すぐ質問する

Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

はじめまして。50代後半女性です。 現在の症状をお伝えします。 2月23日の夜から左耳の耳たぶのところあたり

質問者の質問

はじめまして。50代後半女性です。

現在の症状をお伝えします。
2月23日の夜から左耳の耳たぶのところあたりに痛みがあります。
約5秒おきくらいに激痛が走り、胃をえぐられるほど痛い状態でした。
熱っぽかったのもあり風邪かなと思い、寝る前に風邪薬(解熱・鎮痛作用入り)を服用して休みましたが、朝起きるまで痛みが続いて眠れませんでした。
翌日も同じような状況が続き、夜になっても痛みは変わりませんでした。
ただ、深呼吸をするとなんとなく痛みが遠のくよう な感覚で落ち着くこともあります。
25日(昨日)あたりから、耳たぶの痛みはおさまり左後頭部にも痛みを感じるようになりましたが、昨日仕事に行っている最中は痛みが和らいでいる状態になっていました。
痛みの状態としては、耳たぶは痛みの後遺症があるような感じで触るとまだ痛い状態。
左後頭部に関しては、頭痛という感覚とは少し違い、表面に痛みが有り、触っても痛みを感じます。

今回のご相談の中ですべてをお話すべきなのか、何をお伝えすべきかわかりかねますので、今現在身体に起きている異変をお話しさせて頂きました。

よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

ご記載を拝読する限り、かなり典型的な「後頭神経痛」であるようにお見受けします。

神経内科か、頭痛外来を標榜する脳神経外科を受診されることをお勧めします。

 

【参考サイト】

http://www.morimotoclinic.com/kesai/p12.html

http://ganmenshinkeimahi.web.fc2.com/koutou/index.html

http://kobe-haricure.net/health/e92.htm

質問者: 返答済み 4 年 前.

 

ご回答頂き、ありがとうございました。

内容に納得できないため、再度状況をお伝えします。

 

先ほどお伝えしたとおり、何からお伝えすべきかわからない状態でしたので、ただ単純に現時点の身体の症状をお伝えしただけですので、アドバイス頂いた内容で解決するとは思えません。

 

というのも、この症状になるまでには経緯があります。

それを順を追ってディスカッションするのかと思っていましたが、特に質問されることもなく終わるとは思っていませんでした。

 

この症状は、本当に現時点のものと考えています。

耳たぶが痛くなってから次は左後頭部の痛みと症状は変化しています。

 

最近、普段は感じられないような症状に悩まされています。

 

急に気持ちが悪くなり動機がする

吐き気とともに顔が熱くなるのですが身体は寒くて仕方がない

呼吸困難になり深呼吸をする

ぜんそくのような症状でのどからヒューヒュー音がして呼吸困難になる

急に背中が熱くなって動機が始まる

 

症状が出てきた経緯を後から辿ってみると、過度にストレスを感じたときに発生している気がします。

 

このような症状の他に、過去1年くらいの間に

 集中力がなくなる

 一つのことを考えていると他のことを考えられなくなる

 (仕事に支障を来すようになった。結果的にスケジュールや、昨日話していたことなどを忘れてしまうことがある)

 激しく落ち込む(抜け出せない)

 酷く悲しくなり、時には子供のように泣いたりする

 

 

このような症状は鬱病や、更年期障害だろうと思ってはいたのですが、私が神経症(心身症)ではないかと疑い始めたのは、娘が現在でも転換性ヒステリーという心身症を抱えて生活しているからです。

 

娘の状況としては

数年前に右耳が針で突き刺されるような痛みに襲われたことが始まりで、そのうち右頭、右半身のしびれ、感覚異常、過呼吸、パニック障害と様々な症状に悩まされ現在に至っています。

その間5年以上経過しています。

 

最初に右耳の激痛が始まったときは、かかりつけの内科医に相談し鎮痛剤の処方を受けた。

それでも改善されないため、耳鼻咽喉科に相談したところ特に問題はなく、また鎮痛剤を処方された。

 

原因不明のまま半年以上経過していったが、その間あらたな症状がでてくるようになってきた。

右耳から右頭の激痛、右手に力が入らなくなり、しびれを伴うようになった。

もっと酷くなってからは右顔面が痛みを伴いけいれん、右半身のみのむくみ

右半身(頭のてっぺんから足のつま先まで、口の中、目の中すべて)の感覚異常、痛み、しびれ、むくみなど

 

とにかく前進真っ二つにおかしいため、仕事に支障を来すようになり脳神経外科の脳神経内科にかかりはじまた。

しかし、様々な検査を受けても原因が1年ほどわからないまま過ごすことになり、精神的に追い詰められ、パニック症状を起こし、過呼吸などさまざまな症状に悩まされることになり、結局仕事を1年3ヶ月休職することになったが、それでも原因はわからず、症状は改善することはなかった。

自分が死にたいいなくなりたい、何も出来なくなった自分を責め続けて何度も自殺未遂をはかり、自分の存在を強く呪っているかのようにも思えた。

 

こんな状態の娘が脳神経外科(脳神経内科)から精神科の先生を紹介してもらい、通院したところ、症状が改善してきたのです。

その経緯も壮絶なものでしたが、精神科の診断によれば転換性ヒステリーであるとのこと。

 

やらなければならないことを責任を持ってこなす。

逃げることを知らない。

逃げられない。

とにかく責任感の強い人間ですが、自分ではその責任感によってどれだけ精神的、肉体的に自分自身を追い詰めているかに気づくことが出来ず、身体が信号を出した結果だとのことです。

この短い文章の中で集約してお伝えするのは難しいことですが、転換性ヒステリーという病名だけでわかりますよね?

かい離ではないそうです。

 

今少しずつ症状が改善している娘が言うには、私の症状は娘と同じ経緯をたどっているのではないかと。

私もそう感じています。

 

生活の中で追い詰められるような状況が多々ありますが、何とかやってきました。

しかし、ここまで自分の身体が壊れてくると、仕事も出来なくなり、娘のように普通の生活が送れなくなってしまうのではないかと本当に恐怖にも似た思いでいます。

 

娘の状況があり、自分の今までの状況を踏まえ、今回思い切って相談しているのです。

遠回りしている暇はないのです。

 

 

必要な情報があるのでしたら、何をお伝えすべきかを教えて下さい。

 

すべての状況を把握した上で回答を頂きたいです。

 

最近テレビ番組でも、鬱病に対しての治療法として脳を電気刺激する治療法があり、症状が改善されたなどの情報も知りました。

(専門家の方なら、何を話しているのかわかると思います。)

 

鬱病、自律神経失調症、更年期障害などにも似た症状ではありますが、多方面で原因を追及し、一番今の症状に適した治療を希望しています。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

まず、「順を追ってディスカッションするのかと思っていましたが、特に質問されることもなく終わるとは思っていませんでした」とのことですが、JustAnswerとはそういうサイトではありません。このあたりはユーザーサポートをご参照ください。

 

【回答が届くまでどれくらいの時間がかかりますか】

http://ww2.justanswer.jp/ja/node/576

 

【質問の投稿料金はいくらですか】

http://ww2.justanswer.jp/ja/node/585

 

私は相談者様の最初のご質問に過不足のない回答をしたつもりですし、今回追加で盛り込まれたような情報をいただいていたら回答していなかったであろうと思います。

 

「転換性ヒステリーという病名だけでわかりますよね?」とのことですが、よくわかります。転換性ヒステリーが心身症ではないことも、身体疾患が見逃された結果として付けられることが多い診断名であることも熟知しております。

 

「専門家の方なら、何を話しているのかわかると思います」とのことですが、2月12日のNHK特集で紹介されたのは脳の磁気刺激療法(TMS)ですね。このサイトでもずいぶんとご質問を受けました。

 

お役に立てるとは思いますが、今回はご縁が無かったようです。

ご期待に添えず誠に申し訳ありませんでした。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 4 年 前.
専門用語のご理解に混乱はあるようですな。

お困りなのは確かでしょうが、全ての症状が1つの疾患で説明されなければならないというわけではないので、例えばうつ病に後頭神経痛が合併していてもおかしくはないと思います。
実際のところ、 貴女の頭痛に関しては後頭神経痛に性状がよく似ていますし、うつ病や心身症、更年期障害で起こる痛みとしては程度が強すぎるように思います。

頭痛は横に置いておくとして、その他の症状は確かにうつ病や更年期障害で起こりうるものです。

婦人科や精神科は受診したことがないのですか?

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    13
    国立大学病院神経科精神科にて勤務経験あり
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2775
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    310
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

神経科 についての関連する質問