JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14312
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

うつで悩んでいます。仕事がしたい。でも今は受けられなくて断る。家で一人ぼっち。犬はいますが。趣味もないし。 55歳

質問者の質問

うつで悩んでいます。仕事がしたい。でも今は受けられなくて断る。家で一人ぼっち。犬はいますが。趣味もないし。
55歳という難しい年齢の女性。心ばかり焦ります。治ったあとのことも不安で。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

いまどのくらいの回復度なのでしょうか。
少し補足情報をいただけますか。

■差し支えなければ、相 談者様のご職業を教えて下さい(主婦含む)。

■現在処方されているお薬の1日量を教えてください。

■うつ病以外に持病や常用薬があれば教えてください。

■眠れていますか?

■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

■家事の能率は以前と変わっていませんか?

■趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

■休日はどのように過ごされていますか?

■薬物療法以外にカウンセリングや認知療法などは受けられているでしょうか。

■治療ゴールはどのあたりに置かれているか、イメージを教えてください。主治医とそういうお話はしますか?

■ODのような行動化はどのような時に起こるのでしょう?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

フリーランスのライター兼翻訳者です。仕事中毒です。何もしないでボーっとしているのが苦手です。薬の1日の量はレキソタン2 2mgx3,レンドルミン0.25x1,リフレックス15mgx1です。常用薬はありません。薬で眠れています。食欲は多少。家事はそこそこ。仕事は全部断ってしまったので。趣味がないのです。友人はいろいろいますが。休日も何もしないのが苦痛です。さりとて外にも出たくない。カウンセリングもちょっと受けましたが、今は受けていません。 ゴールはまず、ウツ治療と、これから先の人生、30年位の生きがいが欲しい。しかしみつからない。焦っています。多分そのあたりが問題のコアなのかもしれません。ODは、1日と9日に、焦りから自分はもう生きている意味がないんじゃないかと思い、1日にレキソタン4錠、9日にレンドルミン6錠服用しました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

夕方以降に回答させていただきたく存じます。ご理解いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

まず、「これから先の人生、30年位の生きがいが欲しい」というのがそもそも無理です。
そこを治療ゴールにしているかぎりはうつ病は治りません。
精神疾患の治療の基本はいつでも「今、ここで(Here and Now)」できる努力を最大限することです。

私のささやかな臨床経験と、相談者様の短いご記載からの浅薄な邪推を交えて申し上げるならば、相談者様は、「全か無か」という考え方をされがちな方なのではないでしょうか。
極端なことを申し上げれば、うつ病が治って、100%のご自分に戻らなければ治ったとは言えないし、何もできない、する価値がない、とお考えではないですか?

もしもそうだとするならば、うつ病は治りません。
うつ病を患われている間に、体力も、脳力も衰えています。逆説的ですが、うつ病が治っても、そうした、うつ病だった間に衰えた機能低下は残ります。それ故に、うつ病が完治しても相談者様が「100%治った」と感じられることはありません。そこに「全か無か」思考が加わると、「全く良くなっていない」という認知になってしまいます。

むしろ、60~80%くらいまで回復したら徐々に身体的・精神的リハビリテーションを始めて、体と頭を刺激していかないと100%には決してならないのです。
逆に、60%の状態で100%の仕事をしようと思えば、そのギャップのために破綻をきたし、うつ病が再発して0からのやり直しになります。
その辺りの手綱の握り方が難しい段階に、相談者様はおられるのではないかと推察いたします。
「心ばかり焦ります。治ったあとのことも不安で」とのことですが、治る(=完治する)前に何をしなければならないのかを、焦ることなく建設的に考えられるべきでしょう。

通われているのが「ウツの専門医」とのことですので、「認知療法」を受けられないか主治医に相談されてみることをお勧めします(認知療法が行えないというのであればその主治医氏はウツの専門医の看板を下げられるべきでしょう)。
相談者様には好適の治療法であろうと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

まず、この覆いかぶさるような不安感を払拭したいです。極力体を動かしたり、犬の散歩も行っています。他にどうすればよいのでしょう?何か良い本とかアドバイス、ありますか?

また、心の焦り、これをどうにかしたい。多くの方は仕事がストレスとなり、それから離れることで、心身のバランスを取り戻すようです。しかし私の場合、仕事がなくなり、それでどんどん落ち込んでいってしまっている。ALL OR NOTHINGを求めている訳ではありません。ただ一日に感謝しながら充実した今を過ごしたい。これも焦りでしょうか。

神経科 についての関連する質問