JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年4月にワレンベルグ症候群を発症し約1ヶ月の急性期の点滴治療と軽いリハビリをして6,7月にリハビリ専門の病院に

質問者の質問

昨年4月にワレンベルグ症候群を発症し約1ヶ月の急性期の点滴治療と軽いリハビリをして6,7月にリハビリ専門の病院に転院し歩行訓練左手左足の失調症、嚥下障害などいろいろとリハビリをし その7月末には退院し自宅にてかなりの歩行訓練や体力回復のための運動をしたのまではいいのですが8月末に激しい目眩をおこし再度1週間の入院でMRIをとり再発の確認をしましたが問題なく未だ眼振がひどく回るめまいではなくゆれるめまいが朝起きてから寝るまで続き現在2月まで変化なくそのままです昨年12月にもMRI異常なしとの結果です。 主治医は後遺症としか言えないと言っておりますが、この眼振による目眩のおかげで公共交通機関には乗れず会社も休職したまま更に悪いのはめまいのおかげで歩行がままならなくリハビリが出来ないのが現状です、せめてもの救いはなんとか気持悪くならないのが救いです。さて、このまま自然治癒力と神経の可塑性にまかせるしかないのでしょうか?ほかの方ももっと大変な方がいらっしゃるのをこの眼で見てきましたが、さすがに体育会系の私も疲れました53歳にもなるとさすがに体力の限界です。因みに耳鼻科では全く問題ないそうです、叉糖尿病も問題無いです。どなたかご教授お願いいたします。                横浜市在中  たけい
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ワレンベルグ症候群は脳梗塞よって延髄のレベルで前庭機能が障害される疾患ですので、残念ながら、仰るように、他の脳梗塞と同様に、神経細胞の可塑性による回復を待つしかないのが現状です。

ご期待されていたような回答ではないかもしれませんが、ご容赦下さい。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

予想通りの結果だと思いますが、もう一つ教えてください

めまいしながらでも出来る範囲でリハビリはしても問題ないですか?

逆に動いたほうが前提神経など平衡感覚を刺激してリハビリを積極的にし眼振や複

視を治す働き掛けをしたほうがいいですか?

それと薬ですがいろいろためしましたが無理だと分かりましたが、現在服用してます

脳の薬でプレタールOD100mg、朝夕 ヱパテールS900mg朝夕、プロブレス錠4朝、あとめまいの薬メリスロン6mg朝、昼、夜のみ  あと私がオーダーしたデパス0.5mg朝、昼、夜、睡眠導入剤マイスリー5mgです他にいい薬がありましたら教えてください。よろしくお願いします

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
対症的な治療法については助言をしてさしあげられると思います。

回答の続きは夕方以降とさせてください。ご理解いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

まずリハビリテーションについては定型的なリハビリテーションは受けられても問題はありません。「出来る範囲でリハビリ」は、医師の指示のもと、むしろされるべきでしょう。

薬物については、プレタール、エパテール、プロブレスについては継続された方がいいと考えます。
メリスロンが悩ましいところですが、服用される意義は希薄かと存じます。元栓が壊れているのに蛇口を直そうとしているようなものなので。
オーダーされたデパスとマイスリーは良いチョイスだと思います。

お薬で追加するとしたら、バイアスピリンやワーファリンのような抗凝固療法の適応にならないかを主治医に確認されるべきかと存じます。
いちど脳梗塞が起きているわけですから、その拡大防止と、別の箇所での発症防止に有用だと考えます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

いろいろとありがとう御座いました。

又なにかありましたら猫山先生にご相談いたします。

神経科 についての関連する質問