JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小生の家内(65歳)について、ここ足かけ3年、内臓の奥が傷む、腹部がジンジン電気が走るみたいとか、その都度部位が少し

質問者の質問

小生の家内(65歳)について、ここ足かけ3年、内臓の奥が傷む、腹部がジンジン電気が走るみたいとか、その都度部位が少しづつ違ってきております。このような症状でまず、掛り付け医(循環器科)の先生に相談したところ、どこも悪いところはありません、との答え、次に自宅に近い、内科・外科クリニックに掛りました、先生には懇切丁寧に診断していただき、胃カメラ、食道の検査をしてもらいました、いずれも結果は良でした、2-3日後に再診しましたが、膵臓(癌)?の
検査を近くの病院で受けてくださいとのことで紹介状をいただき受診しました、検査結果は異状はないとの事でした。その後も症状は治まらず、他の国立病院を紹介していただき受診しました、問診で担当医いわくこれだけあちらこちらで検査をして悪くないのであれば問題ないですよ!との一言でした(当人は痛 いと云ってるのだから!と思いましたが、そのまま、帰宅!)約1ケ月後他の国立病院を受診、最初は内科(部長先生は丁寧に診察していただいたのですが、やはりどこも悪くないとの診断でした)、部長先生の薦めもあり、同病院のストレス科を受診するもやはり症状に変化なく、先生も首をかしげるだけでした。もう病院はどこも行く所がないような気がし、2ケ月程度経過したのち、家内の症状が更にひどくなった様相で、最後と思い精神科(クリニック)に受診(昨年12月初旬、その際先生より自律神経失調症で『鬱』の症状ですね!といわれ、薬をいただき今日に至ってます。約2ケ月の間、薬をいろいろと変えたり量を増やしたりしましたが症状はますます重い様子で、座ったり、横になったりもできず、(座ったり横になると電気が走ったようになり、堪らないといってます)家の中を立った状態です(食事中も短い時間は座っているのですがm堪えられなくなり、立った状態で食事をすまします)精神科の薬が強すぎるのかも?と思ったりもしてます。何か良い助言等いただければ幸甚です。よろしくお願いします。(本人は持病で心臓細動を患っており近くの循環器科にかかっています)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

奥様が呈されているのは、セネストパチー(体感幻覚)と呼ばれる疾患だと思われます。
原因は不明ですが、口腔内や内臓に関する、内科的には説明しがたい、奇異で時にグロテスクな訴えが聞かれる病態です。
本来は精神科で診察すべき疾患ですが、いわゆるドクターショッピングの原因のひとつとなる疾患で、ようやく精神科にたどり着いた時にはご本人も参ってしまっていて二次的に抑うつ状態を呈していることは少なくありません。

治療法も確立しておらず、抗うつ薬や抗精神病薬、抗てんかん薬が順に試され、その中のどれかが効けば良くなります。どれも効果が認められなかったり、副作用のために十分量を用いることができなかったりで、症状が持続することもありますが、大抵は少なからず改善が見られます。

精神科受診後の症状も、ご記載を拝読する限りはお薬の副作用というよりは体感幻覚です。
精神科は当たり外れが大きいので、せめてセネストパチーの診断が付けられるレベルの医療機関を受診されることをお勧めします。
ご記載のご様子だと、入院施設を持った病院がいいかもしれません。

い以上、ご参考になれば幸いです。j
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生、懇切丁寧なご説明をいただきありがとうございました。現在かかりつけの先生が今まで言われていた事柄について猫山先生の説明である程度得心がいきました。初診から本日までの薬の種類・量等は以下の通りです。

12月21日 テトラミド錠10mg - 一日一回

12月21日 リフレックス錠15mg ・・・・0.5錠 (一日一回)

12月22日 リリカカプセル75mg ・・・・朝・夕 各2カプセル

12月26日 リリカカプセル75mg ・・・・朝・夕 各2カプセル

       リリカカプセル25mg ・・・・ 朝・夕 各2カプセル

1月4日   リリカカプセル25mg ・・・・朝・夕 各2カプセル

       フルニトラゼパーム錠2mg ・・・一日一回

1月5日  リリカカプセル75mg ・・・・ 朝・夕 各2カプセル

1月6日   リフレックス錠15mg   一日一回

マイスリー錠10mg    一日一回

パルギン錠1mg      一日一回

1月13日 リフレックス錠15mg 1錠

       マイスリー錠        1錠

       パルギン錠        1錠

       リリカカプセル150mg 朝・夕 各一錠

1月20日  リフレックス錠15mg 一日一回(2錠)

       リリカカプセル150mg 朝・夕 各1錠

1月27日  リフレックス錠15mg 一日一回 各3錠

       リリカカプセル75mg 朝・夕各2錠

2月3日  リフレックス錠15mg   一日一回 各3錠

       リリカカプセル75mg   朝・夕 各1錠

       サインバルタカプセル20mg 一日一回1錠

 

上記の薬の効能について猫山先生のご意見を承りたく存じます。また、このまま、かかりつけ医のご指示通りに薬の服用は問題ないのでしょうか?

 

最初の連絡の際、説明いたしましたが、家内は『心房細動』でこの関係の薬をワーワリンを含め3-4種類服用しており、更に今回上述のような薬を飲むようになりました。心配なのは、このようなたくさんの薬を服用して大丈夫なのか?です。

 

以上よろしくご指導願います。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうござます。

 

仰る通り、服用されるお薬の数は少ない方がいいですよね。

ご高齢になるとそれでなくとも身体の病気で複数のお薬を服用されていることが多いですから、そのうえ精神科からも複数のお薬が処方されると、飲む合わせも含めて、副作用が増強するリスクがあります。

特にワーファリンは飲み合わせが問題となりやすいお薬ですので注意が必要です。

 

一方で、セネストパチーの治療ではしばしば複数の薬剤の併用が行われます。

第一の理由は、「セネストパチーの治療薬」というものがこの世に無いからで、前述したように抗うつ薬や抗精神病薬、抗てんかん薬を組み合わせてようやく症状が軽減できることが多いからです。

第二の理由は、抑うつ症状など、他の精神疾患を合併する患者様が少なくないためです。セネストパチーはAというお薬とBというお薬で治まったけれども、併発したうつ病に対してCという抗うつ薬とDという精神安定剤が必要、といった形で多剤になっていくことがあります。

 

その前提で奥様の処方を拝見してみました。

12月22日から始まったリリカが、主治医がセネストパチーに対して用いているお薬でしょう。これは承認されて間もない新薬ですが、「末梢神経障害性疼痛」に対する保険適応が認められています。神経障害性疼痛というのは、糖尿病で手足の先の末梢神経がダメージを受けて痛みを発したり、手術のあと、傷口は治ったはずなのに痛みが残る、といったような、末梢神経のダメージによって生じる痛みのことです。

セネストパチーは末梢神経ではなくて中枢神経(脳)の中で起こる混線のようなものなので、リリカが効くとは限らないのですが、著効する場合もあり、最近ではセネストパチーに対して第一選択薬として用いる医者が多いですね。

 

リリカに関しては、少し様子を見過ぎたかな、とは思います。

2~3週間用いて手ごたえが無ければ、他のお薬に変えるべきだったかもしれません。

2月3日から、それまでの処方に上乗せする形でサインバルタが用いられています。これは抗うつ薬ですが、先述の神経障害性疼痛に、リリカとはまた別の作用機序で効くことが知られており、これはこれでリーズナブルな処方です。

これはこれで、副作用が無ければ最高用量まで増量して、2~3週間様子を見て、効いたらリリカは止め、効かなければ両剤とも止め、としたいところです。

 

あくまで推察ですが、やはりこの主治医はセネストパチーの概念をご存知ないのかな、と思いました。

「内臓の奥が傷む、腹部がジンジン電気が走る」という訴えの前半部分にのみ注目し、痛みに対する治療を行おうとしているように、処方からは見て獲れます。

もちろん、異なる系統のお薬を順番に試していくのがセオリーですからこれから使用されていくのかもしれませんが、一般的には、少量の抗精神病薬、クロナゼパム(リボトリール)、テグレトールといったお薬がセネストパチーの場合にまず試みられるべきお薬ではないかと考えます。

 

一度、奥様の内臓に対する奇異な訴えをどのように捉えているかを主治医に尋ねられてみるべきかと愚考致します。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

参考サイト(あまりアカデミックなサイトはみつけられませんでした。リンクを張っていますので、色が変わっているホームページアドレスをクリックしていただければページが開きます)

 

【セネストパチー(体感幻覚)】

http://kimura-clinic.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-62d6.html

 

【セネストパチー(体感異常・体感障害)を知ろう】

http://heartland.geocities.jp/fixcenesthopathie/index.html

 

【体感幻覚 セネストパチー 抗精神病薬 ドクターヤギ】

http://www.dr-yagi.com/qa/answer_74_kokoro.htm

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生 いろいろなご説明ありがとうございます。下記の2点ご教示願えれば幸いです。

① 先生の回答文中にドクターショッピングと記載されてますが、意味がわかりません。

② 同じく先生の回答文中に『・・・セネストパチーの診断が付けられるレベルの医療機関を受診・・・入院云々・・・』ですが、小生には該当する医療機関はどこなのか皆目見当がつきません、小生は福岡県北九州市小倉南区に居住してますが、市内または区内に該当するような医療機関を教えていただきたく。

 

次から次に質問をし申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
①ドクターショッピングとは、納得がいく診断が得られるまで次から次にとっかえひっかえ 医者を訪ねて回ることです。

②個別の病院の「紹介」については、控えさせていただいています。
日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性がありますので(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めてこれまでにも何回か起きています)、これに関してはご了承いただけますと幸いです。

なお、相談者様は月極会員ですので、承諾のあとの追加質問は規約違反です。
以降のご質問がありましたら新たにスレッドを立ち上げて質問をご投稿下さい。

神経科 についての関連する質問