JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20年程不安感で悩んでいます(現在40歳)。不定期に(3日に1日程度)非常に落ち込んだり不安・恐怖感を感じ、最近は頻

質問者の質問

20年程不安感で悩んでいます(現在40歳)。不定期に(3日に1日程度)非常に落ち込んだり不安・恐怖感を感じ、最近は頻度も増え時間的にも1日中という日もあります。先月からNLPという理論を元にしたCD(橘心理サロン)を聞いて改善を図ろうとしたりしてますが、ひどく疲れる日が出てきたり、このまま改善となるのか分からず悩んでいます。薬は現在は何も飲んでいません。まず自分の病名が何なのかはっきりとわかりません。睡眠障害は 早朝目が覚めてしまう程度です。食事は何とか普通には大体食べられています。最近不安な時胸がムカムカする事が多くなりました。頭重感があり、不安発生後は昼間でも眠気を感じます。
こういう状況が長い間続いているので、自分なりに本を読んで病気の事も勉強したりしました。おそらくこれまで2,3回相談した医師等の話を総合すると鬱というよりは神経症の類だとは思います。神経症というものは薬では治らないと言われましたが、本当でしょうか。また心理療法が必須となるとどこのどういう心理療法が効果的でしょうか。
非常に支離滅裂な文章で失礼で不作法なことを書いているとは思います。申し訳ありません。
何卒宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

医療機関にもかかられず、代替医療に頼ったり、我流で書籍を読んでご自分の診断を決めつけるのはあまり望ましい病 気との向き合い方だとは言えません。

精神科や心療内科の質は、率直に申し上げて当たり外れが大きく、質が低い医者に当たってしまうと目も当てられないのですが、ご自宅で思い悩んで怪しげなCDを聞かれているよりは、少なくとも医師国家免許は持っていて、厚生労働省が認可した治療を行っている医師の診療を受けられた方が症状が改善する可能性は高いであろうと愚考致します。

神経症は近年では不安障害と呼称が変わっています。
たしかに統合失調症や躁うつ病のような「脳の病気」としての側面がつよい疾患に比べると治療において薬物療法が果たす役割は小さくなりますが、それでも不安障害に効果がある薬物は複数あります。
不安障害であるという前提で申し上げると、SSRIと呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬による薬物療法と、認知療法・行動療法と呼ばれる心理療法の組み合わせが標準治療ということになります。

ただ、ご記載を拝読する限りは、相談者様の診断はうつ病寄りなのではないかと思えますが。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

神経科 についての関連する質問