JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3歳の娘がいます。 先週30回目の無熱性けいれんをおこしました。 ふだん、ラミクタールというけいれん止めをのんで

解決済みの質問:

3歳の娘がいます。
先週30回目の無熱性けいれんをおこしました。
ふだん、ラミクタールというけいれん止めをのんでいるのに1カ月に1度のペースでおこしています。
月に1度小児神経にも通っていて、突発の痙攣で去年の頭の検査では、てんかん波はでていないそうです。
先生は、
大丈夫でしょう、プールなどもどんどんやらせてくださいと、けいれん もおこしても5分以内なら1ヶ月後の受診までこなくていいです。
と、言われています。
先週の痙攣時、近くの小児科の先生は、1ヶ月後と言わずチアノーゼ泡吐く姿といい受診した方がいいと言われました。
ので、小児神経の病院に電話したところ、先生がお休みで水曜日にしか来ないのでその時連絡してくださいと言われました。
このまま、痙攣が続き回数が重なっていっても本当に大丈夫なものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

ラミクタールの用量を教えていただけますか?

無熱性けいれんの発作の内容を教えて下さい。意識消失を伴った全身の強直間代発作でしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ラミクタールは朝25ミリ夜20ミリです。

30回目の痙攣は全身の強直間代発作です。

今までの発作の中には意識消失が4回くらいです。

痙攣の度に最近は泡をふくようになりました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

てんかん性の疾患については、けいれんの様子や脳波などを参考にしながら、小児の場合は発達状態も考慮して総合的に治療方針が組み立てられるものですので、こういしたWeb経由でやり取りできる情報から下せる判断や助言は限られていますが、いくつか気になる点がありますので、以下回答いたします。

まず診断ですが、無熱性けいれんがこれだけの回数続けば小児てんかんに診断が切り替えられてもいいと思います。これは呼び方の違いだけで、既に行われているラミクタールの投与も含めて、診断が無熱性けいれんでもてんかんでも治療として行うことは変わりませんから、主治医は敢えててんかんという診断を告知する必要は希薄だと考えているのかもしれませんが……

ラミクタールの用量については、体重をお聞きするのを失念しましたが、常識的な量だと思います。ただ、服薬開始後も発作が抑制されていないのは気になります。
用量が足りないか、発作型にラミクタールが合っていない可能性は否定できません。

発作の持続時間が5分以内なら受診不要、はどの教科書にも書いてあるお定まりのフレーズで、実際、発作が群発もしくは重責しなければ経過観察でよろしいのですが、これは親御さんとしてはご不安ですよね。
発作のコントロールがなされていない状態で「プールなどもどんどんやらせてください」という助言はずいぶんと楽天的な印象を受けます。

「痙攣が続き回数が重なっていっても本当に大丈夫なものでしょうか?」というご質問は、発作の性質によりますので一概には何とも申し上げられない部分ですが、発作時の事故や、発作を繰り返すことで起こりうる脳へのダメージの蓄積を考えると、大丈夫だとは言いかねます。

小児神経の専門医は絶対数が少ないので、非常勤で週1回外来という体制の病院は少なくないのですが、お嬢様の場合、一度、児童精神神経専門施設でセカンドオピニオンを受けられた方がよろしいかと存じます。

この非常勤体制だと、医師も多忙で、十分な説明が受けられないことが少なくありません。
お嬢様の場合も、現在の治療方針で間違っていない可能性もあるのですが、説明不足のために親御さんの不安が助長されている印象を持ちます。

診断の確定(他に病気があって、その結果として二次的に起こる症候性のけいれんか、脳そのものの障害で起こる特発性の痙攣か)、薬物療法の適切性(発作型に合っているのか)、現在のコントロール状態で様子を見ていてもいいのか、を確認されるべきです。
現在の主治医に不安を話した上で、これまでの検査所見をすべてコピーしてもらい、受診されることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問