JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 お勧めの薬や療法があれば教えていただきたいと思いメールさせて頂きます。 今自分がうつ病になってし

解決済みの質問:

はじめまして。
お勧めの薬や療法があれば教えていただきたいと思いメールさせて頂きます。
今自分がうつ病になってしまって自殺してしまうのではないかという脅迫観念に
駆られるようになってしまって心療内科にてドグマチールとセディールとデプロメール
を処方してもらっていますが、動悸や頭の中が騒々しいような感覚が薬を飲んでいても
完全になくなりません。
何か良い方法はありませんでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい

■相談者様に付けられた診断は強迫性障害と理解してよろしいでしょうか。

■ドグマチールとセディール、デプロメール、それぞれの1日用量を教えて下さい。

■差し支えなければ、相談者様も年齢と性別、強迫性障害の発症時年齢、心療内科での治療を始めた時の年齢を教えて下さい。

■「完全になくなりません」とのことですが、現在の処方で、少しは症状は良くなったのでしょうか? 元々の症状の量を100とすると、現在症状の量はどれくらいでしょう。

■現在の処方で副作用は出現していますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

特に先生からそう言われた訳ではありませんが、自分ではそうだと思っています。

薬は朝夕食後の1日2回です。

28歳 男性 

去年の11月頃からめまいの様な症状があって病院に行きましたが異常は

なさそうだと言われました。

心療内科に行ったのは去年の12月頭です。

その頃は健康に対する不安程度でドグマチール1日に2回とグッドミンを

処方してもらいました。

前述したような強い強迫観念に襲われたのは先週からです。

それから今の薬になりました。

あまり効いていないような気もします。

6割ぐらいあると言ってもいいかもしれません。

食欲がなくなったのですが、副作用でしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

質問を重ねて恐縮ですが、大事な部分ですので確認させて下さい。

■ドグマチールとセディール、デプロメール、それぞれの1日用量を教えて下さい。錠剤にも、例えばデプロメールなら25mg錠と50mg錠がありますが、それぞれのお薬は何mg錠を1日に何錠服用されているのでしょう。

> 特に先生からそう言われた訳ではありませんが、自分ではそうだと思っています。
であれば、主治医からは診断は何だと告げられているのでしょうか?

以上2点、よろしくお願いします。
 
質問者: 返答済み 5 年 前.

ドグマチールが50mg デプロメール25mg セディール10mgを朝夕食後の1回1錠なので

日に2錠ずつです。

 

特に先生からは何も言われてないんです。

症状を伝えて、それに対して処方箋を出してもらうような感じです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、診断も告げずにお薬を処方するような医者を主治医としていてよいのかを検討されるべきでしょう。

以下、相談者様が苦しまれている症状が強迫性障害(OCD)の強迫観念であるという前提で回答いたします。

デプロメールを1日50㎎服用されても、強迫性障害に十分には効きません。100~150mg、時にはそれ以上を要します(欧米の研究では、OCDに対する有効用量の平均は1日225mgであるとするものもあります)。
ドグマチールは1日に100㎎服用しても脳に届きませんから、いかなる精神科疾患にも効きません。
セディール1日20mgも気休め程度の効果でしょう。

メインのお薬はデプロメールで、これは、主治医にOCD治療の正しい知識があり、今後副作用が出なければ増量されていくはずです。
デプロメールはOCDに対する即効性はありません。有効用量に達してから6~8週間副作用してようやく効果が現れてくるのが、OCDに対するデプロメールの効き方です。
本来は、これも主治医から説明されるべき事項ですが。

従って、低用量のデプロメールを1週間服用しただけで症状が6割まで減弱した相談者様は、非常に良好な反応を示していることになります。

OCDに対して即効性がある薬物療法は残念ながらありませんので、このままデプロメールを服用し続けることが、(その用量さえ適切であれば)相談者様がお困りの症状をなくすための「良い方法」ということになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問