JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

悪夢を見てしまい、それが日中にも引きずってしまいます

解決済みの質問:

悪夢を見てしまい、それが日中にも引きずってしまいます
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。少し補足情報を下さい。①差し支えなければ相談者様の年齢と性別を教えていただけないでしょうか。 ②アルコールはどれくらいお召しになるのでしょう? ③日中に引きずる、というのは具体的にはどういうことでしょうか。 ④何か持病やお飲みになられているお薬はありますか? 以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①58歳 男性です

 

②毎日のように飲んでいます。 何らかの理由で、大酒を飲んだ時に出るようです。今回は正  

 月一人になり、大量に飲みました。これはいけないと思い2~3日止めていたのですが、寝付

 けず、その後少量飲んだ夜に見ました。

 

③悪夢のことが頭に残り、思い出したり不安感が出ます。

 

④特にありません。今回は腰痛もあり、それを紛らわすため大量に飲んだようです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございました。

 

端的に申し上げて、飲酒が悪夢の原因である可能性がかなり高いと思われます。

眠れないという理由で「寝酒」としてお酒を飲まれる方はおられますが、実はアルコールによってもたらされる眠りは非常に質が悪く、いわゆるレム睡眠が優位になるために夢を見る時間が多くなり、その大部分がなぜか悪夢です。

アルコール依存症の診断基準を満たしているかどうかはここまでの情報からは判断しかねますが、疑わしいようなら専門の医療機関を受診されることをお勧めします。

 

【アルコール依存症】

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10420100.html

 

【アルコール依存症の診断基準】

http://health.goo.ne.jp/medical/data/040207000_05.html

 

眠りを深くし、夢見を少なくするようなお薬もあるのですが、こうしたお薬は酒との飲み合わせが非常に悪いので、少なくともお薬を飲む日はお酒を飲まない、という約束が守られなければ一般の心療内科からの処方をうけることは難しいでしょう。

 

腰痛に関しては飲酒によって一時的には痛みがまぎれるかもしれませんが、炎症が悪化するのでさらに痛みが強くなり、逆効果で、悪循環に陥る可能性が大です。

 

ひとつの基準としては、飲酒をご自分でコントロールできるのであれば一般の心療内科に不眠を訴えて受診され、コントロールできないのであればアルコール専門施設を受診されるのがよろしいかと存じます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問