JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

友人夫婦(妻とは姉妹のように過ごしてきました。)のことで相談です。 妻はアクセサリー会社を設立しデザイナーとして活

解決済みの質問:

友人夫婦(妻とは姉妹のように過ごしてきました。)のことで相談です。
妻はアクセサリー会社を設立しデザイナーとして活躍していますが、この不 景気で売上高は落ちてきてしまいました。夫は10年前に会社を自主退社し(上司がいやだったとのこと。人に使われるのが我慢できないタイプ。)妻の仕事を手伝っていましたが、3年前に相談もせずに一人で地方に行き、蕎麦屋を開業したものの軌道に乗らず1年で撤退し、戻ってきてまた妻の仕事を少しだけ手伝っています。
妻は勝手に相談もしないで沖縄へ行き、帰ってきてからも仕事を探そうともせず、ほんの少しだけ妻の仕事を手伝っている状況で、ストレスがたまって少しうつ気味になっています。おそらくプライドだけが高い夫の方も、事業の失敗でうつ気味です。
妻のうつの原因は完全に夫が原因です。
一緒に仕事をしていても、意思の疎通がとれていないため、トラブルが続き、ますます売り上げは落ちてきています。妻は私にもあたったりするようになったので、症状的に少し進んできているような気もします。
夫はわけもなくプライドが高いのが難点です。
まずは、きちんと二人がコミュニケーションを取り、仕事を円滑に進めていくことが必要だと思います。妻は夫が他の仕事をしたいのであれば、そちらを優先することを望んでいますが(収入の面からも)、何もする気がないのなら、きちんと自分の仕事を手伝ってもらいたいと思っています。
はたでみていてもはらはらする状況の中で、何かしたいと思うのですが、私が変に動いてより悪い結果になってしまうのも怖いので、何もできない状況です。
でも、このままですと事態はよい方向には絶対になりません。来週には仕事の打ち合わせと称して、3人で話し合う機会を設定しています。
せっかくの機会なのでその時に、おおなたを振るおうと思っていますが、どのように話を持っていったらよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

ご賢察の通り、ご記載を 拝読する限りは、そのご友人ご夫妻は悪循環にはまっておられて、このままではますます状況が悪化していく可能性が高いと私も考えます。

その意味で相談者様のような立場の方が介入されるのはお二人にとっても状況を打破するチャンスになりうると思われます。
ただ、10年間続いてきた共生関係を大きく変えようとしているわけですから、大鉈を振るう必要はありますが、若干の力加減が必要になるでしょう。

特に、ご夫妻がともにうつ的な傾向を示されているというのは懸念される点です。
うつが悪い間は大きな決断を下すな、というのが精神医学界のセオリーで、これは信じる価値がある経験則だと思います。

相談者様が仰る通り、最終的な選択肢は、ご主人が正業に就かれるか、あるいは生業の水準で奥様のお仕事を手伝われるか、ということになるだと思われますが、どちらの選択肢を選び、それに至るまでに何をしなければならないか、何をしてはいけないかを、双方が本来の思考能力、判断能力がある状態で決断しなければなりません。

まずは、お二人が疲弊していて、今後のための正しい判断を下せる状態にあるとは思われないので、心療内科/精神科を受診して、医師の診断を仰ぎ、必要ならば治療を受けて、しかる後に今後の計画を立ててはどうか、とワンクッション置いた提案をされるべきかと愚考致します。相談者様が気にされている点(ご主人のうつ傾向、奥様の情緒不安定)については言葉を選んで、「傍からはこう見える」という言い方で伝えられた方がよろしいかと存じます。

このお二人の場合は、ご夫婦で違う医療機関を受診され、異なる主治医の診療を受けるのがよさそうに思います。夫婦カウンセリング的なアプローチは双方が少なくとも本来の状態に復してからにすべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※昨夕来、サイトが断続的にシステムダウンしています。まだ完全復旧宣言は出されておりませんが、ログインできるようなら拙回答をご確認いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

さっそくの回答、ありがとうございました。

 

夫婦双方ともにうつ的状態であれば、私としてはそれをなんとなく本人に伝えることをすればいいのかな、ということはわかりました。

 

ただ、もし単にわがままでプライドが高いというだけであれば、こちらとしても夫に対する不平不満を思い切り伝えたいと思っています。

性格の問題だとしたら、やさしく接してばかりいたら、らちが明かないと思うので、

今回、私はどう出ればいいのかとても悩んでいます。

 

夫がうつかな、と思ったのはすることもないのに仕事を探さないからです。普段は普通に会話をし、その時は特に沈んだ様子などはありません。

 

二人の状況がはっきりしない中でのご相談で申し訳ありませんが、本音でぶつかってしまってもよいものでしょうか?

 

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

ご主人関してですが、ご記載を拝読する限りは、うつ病というよりは自己愛性人格障害や回避性人格障害の診断が当てはまりそうな印象は受けておりました。これは要するに身分不相応なプライドと、それを守るために極端な行動を取りがちな性格の歪みのことですから、狭い意味での病気では ありません。
この場合は「直面化」といって、逃げ場をなくして本音で問題を突き付ける方法がとられることもございます。
ただ、一般的に申し上げて、このタイプの方の場合、あらゆる方法で自己正当化を図りますし、プライドを守るためなら何でもします。
なので、腹立たしいかもしれませんが、アメ7、ムチ3くらいで接した方が、事は良い方向に進むことが多いですね。ご参考まで。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2793
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
 
 
 

神経科 についての関連する質問