JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

68才の女性です。頚椎性神経根症で、首、背中、腕がとても傷みます。しびれもあります。又、脚が血行障害のようで早く歩け

解決済みの質問:

68才の女性です。頚椎性神経根症で、首、背中、腕がとても傷みます。しびれもあります。又、脚が 血行障害のようで早く歩けなくなり、違和感があります。もともと頚椎ヘルニアがあったところへ、ベッドから落ちて頭を強くうちました。今の右側背中の痛みは右手を使うと灼熱感のような刃物で切られるような痛みです。
腰痛はあまりありませんが前に座骨神経痛でした。膝の関節炎もあります。
首、背中、腕、腰、膝など、身体中の色々なところが傷みますが、リウマチ検査は何度してもリウマチではないようです。
近所の整形外科に通い、痛み止めや神経の薬をのんだり、電気をかけたり、牽引をしたりしていますが、全然治りません。一度、大きな病院で頚椎のどの部分のどういう神経が圧迫されているのか知りたく思います。何か治療の方法があるかも知りたいのですが、整形外科に行くべきでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

整形外科を受診されるべきでしょう。
現在の頚椎性神経根症という診断はいつどこで下されたのでしょうか?

さておき、MRI検査ができる整形外科で、脊髄を、頚髄だけではなく、腰髄まで調べた方がよろしいかと存じます。
歩行障害や坐骨神経痛は、腰からきている可能性が大です。
右背中の痛みは頚椎での神経圧迫であろうと推察します。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生

回答をありがとうございました。頚椎性神経根症というのは、10月にベッドから転落した翌日に近所の整形外科の先生がレントゲンを撮っての診断です。
以前、虎の門病院、逓信病院で首のMRIを撮って頂いたことがありますが、「頚椎症だけれども治療の方法はない」と言われ、ペインクリニックでも 「広範囲なのでしかたがない」と言われたことがあります。
今回の痛みはこれぞ神経痛とわかるような痛みで、ボルタレンと市販のイブクイックをのむと少しよくなりますが、胃がいたんでしまいました。
リリカという神経の薬は少し効いているようです。
整形外科でMRIを撮って頂いたところで、全身の手術をするわけにもいかず、きっと方法はないのだろうと思いますが、それでも一度、ちゃんと全身状態を把握した方がいいでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

全身状態を把握、とまではいかなくとも、脊髄を上から下まで、そして膝を検査しておくことは有用かと存じます。
ご記載を拝読するに、相談者様の全身の痛みが頸椎症で一元的に説明しうるとは思われません。

特に腰は、頸椎ではなく、腰椎の何らかの変形が生じている可能性が低くはないと考えます。
「脚が 血行障害のようで早く歩けなくなり、違和感が」おありであるとのことですが、もしそれが間欠性跛行(歩いていると、次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し、再び運動が可能となる)なのであれば、腰部脊柱管狭窄症という治療可能な病態である可能性があります。坐骨神経痛もまた、腰部脊柱管狭窄症で起こる症状のひとつです。
【腰部脊柱管狭窄症】
http://www.narashinodai.jp/treatment_sick/yobusekitui.html

背中と肩は頸椎、歩行と坐骨神経痛は腰椎から生じている可能性が高いのですが、膝関節は背骨、脊髄とは関係がなく、変形性関節症である可能性が高く、これはこれでレントゲン検査、必要ならばMRI検査を受けられて状態を把握すべきでしょう。

リリカは神経障害性の疼痛に効くお薬ですが、相談者様の場合は、複数の整形外科的疾患が同時に起きており、一部は保存的に様子を見るしかないかもしれませんが、治療可能な部分もあると考えます。

全てを頸椎神経根症で片づけるのではなく、改善できる部分は改善すべきですので、上から下まで、疼痛の「仕分け」をしてもらうべきであろうと考えます。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問