JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

叔母が鬱を患っています。眠れない、やる気になれない等の症状で、以前は通院し薬をのむことで数ヶ月後にはだいたい症状が良

解決済みの質問:

叔母が鬱を患っています。眠れない、やる気になれない等の症状で、以前は通院し薬をのむことで数ヶ月後にはだいたい症状が良くなっていたのですが、今年のはじめに患った鬱はとても長く、その間に腰を痛めてしまい歩行が困難に。3ヶ月ほど入院(整形)治療とリハビリを受ける予定だったのですが、治療は終わってもリハビリには積極的になれず、結局そのまま退院となってしまいました。歩行が困難なままのため、家には戻れず現在は老健に入所。しかし施設が嫌なの か、鬱が悪化してしまっているのか、以前にも増してふさぎ込むことが多くなりました。今は歩くこともせず車いすでの毎日です。ほとんど誰とも話さず、ずっとうつむいています。食も細く痩せてきています。連日会いに行っている子供たちとも言葉を交すことも少なく、すべてにやる気がないようです。

ただ先日お見舞いに行ったとき、外出許可を施設に申請し車で外に連れ出したことがありました。最初は後部座席で隣にいる親戚ともほとんど話さず施設にいる時と同じ背中をまるめ、うつむきっぱなしでしたが、しばらくあまり干渉せずにいたところ、首を伸ばし窓の外を眺めました。うつむき過ぎて固まってしまったかのように思えていた首を大きく伸ばし、窓から外を覗く様子に驚いたのと嬉しさが湧きました。会話をしたいときにする、話しかけられると黙るのかもしれないと思い、それから質問や心配はやめ普段通りに話すことを心がけました。心配した痴ほうもありません。話しかける言葉も状況もすべて正常にわかっている様子です。ただ...ひたすら浮かない表情を浮かべ、おへそが見えるくらいうつむいてます。

まわりは特老に入所をするのが良いのではと話していますが、私はまず鬱の専門の先生にあらてめてかかり、心にある誰にも話せない何かわだかまりや心配ごと、不満があるように思えます。叔母の心が少しでも楽になる方法を考えたいのですが、なにせ歩行ができない状態ですので一人暮らしの家にも帰せずいます。このあと老人ホームに入り、今と同じように落ち込んだままでいると80歳も近い高齢なので、本当に心も体ももっと治らなくなってしまいそうで心配です。先生、アドバイスをお願い致します。

入院施設のある病院で鬱を専門でみていただけるところなど探せたらとも思っています。鬱が少しでも軽くなればリハビリも少しはチャレンジしてくれる気がしているのです。もし入院をすすめる場合、病院はネットなどで評判の良さそうな病院などは調べてはいるのですが、正直どこが良いのかは見当がつきません。神奈川在住です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

正直に申し上げて、難しいケースであるとは思います。
これは、病状の面からも、制度の面からも、です。

そもそも「鬱の専門の先生」が、制度上は日本にはいません。そこまで診療科内で細分化しているのは大学病院くらいです。一般の病院では、うつ病の治療に得手・不得手があるという違いはあるでしょうが、精神科医は思春期の摂食障害から認知症まで、広い疾患の患者様を診療し、入院病棟もこれらさまざまな疾患の患者様が混在して入院している病院がほとんどです。
【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4】
http://118.82.92.190/blog/archives/2008/09/_10_3.html

もう一つの問題は叔母様がご高齢であることと、身体合併症をもたれていることです。
こういった患者様のうつ病を入院治療で改善するには、整形外科のリハビリテーションが可能な総合病院(精神科の病棟があり、整形外科のリハビリテーション施設・人員が備わった病院)である必要がありますが、実はこの条件を満たす病院は多くはありません。
精神科の入院はお金にならないことと、厚生労働省が掲げる国策で精神科の病床数を減らそうという動きがあるため、民間の総合病院は、精神科があっても外来だけで、病棟を持たないところが増えてきているのです。
条件を満たすのは、必然、公立病院や大学病院ということにならざるをえません。
ただ、こうした病院、特に大学病院は、急性期症例や稀少症例を優先しますし、入院期間を8週間程度に制限していますので、高齢の患者様の入院を受けてくれるかどうかは難しいところです。

少し確認させて下さい。

①叔母様は何歳時にうつ病を発症されたのでしょうか? 以来、何回くらいうつ病相を経験されておられたのでしょう? 維持療法は行っていましたか?

②現在、うつ病に対して、どのような治療を受けられていますか?

③「腰を痛めてしまい」ということですが、具体的には診断名は何なのでしょう? 他にお体の病気はありませんか? 生活の自立度はどれくらいですか?

④既にネットで病院を調べられてみたということですが、精神科の入院施設があって、整形外科のリハビリが出来そうな病院がありましたでしょうか。もしあったのであれば、具体的に病院名を教えていただければ叔母様の入院に適した病院かどうかの判断はして差し上げられると思います。

⑤ご家族・ご親族からは、叔母様の治療のためにどれくらいの協力を期待できるでしょう? 例えば誰かが付き添って身の回りの世話をするようなことが可能でしょうか? 週末の外泊先は確保できるでしょうか。

以上、ご返信いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生

ご丁寧に返信をどうもありがとうございました。
いただいたご質問、答えさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

①叔母様は何歳時にうつ病を発症されたのでしょうか? 以来、何回くらいうつ病相を経験されておられたのでしょう? 維持療法は行っていましたか?

出産後に一時育児ノイローゼのような状態になり、その後は普通に生活していましたが、約10年前から何かあると沈みこんでしまうようになりました。鬱の診断を受け通院とお薬で治療。以前は数ヶ月で改善、また数年後に症状が出ると通院するという状態でした。

ここ2〜3年は一年に一度は鬱の状態になり少し症状が重くなかなか改善する迄に時間がかかるようになりました(半年くらい)今年は1月に様子がおかしくなり通院。眠れない、なにもしたくない、私がこんなでごめんね...が口癖でした。腰を痛めたのは夏前、入院をしたのが夏から秋、その後に老健に入所です。入院していた病院には精神科が無く鬱の治療はうけれませんでした。入院中に体重がとても減り、元気がより無くなったように感じます。現在の老健施設に入所後はリハビリは少しはするものの、やはり精神的には落ち込んだままです。

②現在、うつ病に対して、どのような治療を受けられていますか?

現在も心療内科での診察は受けれていません。
家族が薬のみを通院していた病院からもらい担当者に渡しているそうです。家族に今一度確認をとらないと正確ではないかと思いますが眠れない時に飲む睡眠薬と鬱のお薬を処方されていたと聞いています。今も施設内では何度も起きてしまう、眠れないことが多いようで、睡眠薬は飲んでいるそうです。

③「腰を痛めてしまい」ということですが、具体的には診断名は何なのでしょう? 他にお体の病気はありませんか? 生活の自立度はどれくらいですか?

腰の骨が少しずれていたということでした、入院での治療はコルセットを巻き安静にすることで治癒はしたそうです。その後のリハビリでつまづいてしまいました。その他の病気はもっておりません。昨年の年末までは鬱の症状の無いときはとても元気で炊事も洗濯すべて叔母自身がやっておりました。一年前と別人のような姿が切ないです。

④ 既にネットで病院を調べられてみたということですが、精神科の入院施設があって、整形外科のリハビリが出来そうな病院がありましたでしょうか。もしあった のであれば、具体的に病院名を教えていただければ叔母様の入院に適した病院かどうかの判断はして差し上げられると思います。

すみません、整形外科と精神科の2つが入っている病院ではなく、精神科の入院施設のみを見ていました。叔母が何を思い悩み不満を持っているのか.. .など誰にも言いません。プライドの高さも手伝い入居させてもらっている介護施設の職員の方や若い方が親切で声をかけていただいても、なにか不満そうです。「○○しようね〜」「大丈夫かな〜?」などの言われ方にも、もしかしたら嫌悪感を持っているのかもしれないと思いました。私の勝手な思いかもしれませんが、叔母が悩みや心の重荷を誰かに話せる環境に置いてあげたいと思っています。カウンセリングや治療を受けながら少しでも心が開いていけないものかと...。その意味で精神科の良い先生がいらっしゃる病院はどこにあるのか?入院施設はあるのか...をネットで調べていました。

ひとつ気になった病院は「くじらホスピタル」という施設です。しかし精神科が専門でリハビリの施設はなさそうです。

⑤ご家族・ご親族からは、叔母様の治療のためにどれくらいの協力を期待できるでしょう? 例えば誰かが付き添って身の回りの世話をするようなことが可能でしょうか? 週末の外泊先は確保できるでしょうか。

付き添って身の回りの世話をすることは息子夫婦が共働きのため、付きっきりは難しいのですが現在は近くに住んでおり週末の外泊先はあります。現在は歩行困難のためトイレの問題があり、なかなか連れて帰れないと申しておりました。一時帰宅という形で短時間では何度か連れて行っているそうです。

どうぞよろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

叔母様の治療に関するポイントは、中等症から重症のように思われるうつ病と、リハビリテーションが必要な腰の疾患(恐らくは腰椎すべり症であろうと思われます)を併発されており、かつご高齢であることです。

 

言うまでも無く、うつ病の病状が悪い時には頑張ってはならず、リハビリテーションでは頑張らなければなりません。

この治療方針が相反する疾患が併存していることでまず話が複雑になります。

 

長い回答になりそうですので、大変恐縮ですが、勤務終了後に続きを答えさせていただけないでしょうか?

ご了承いただけますと幸いです。

ご了承いただける場合はこのまま、返信せずにお待ちいただけますようお願い致します。

回答をお急ぎの場合はオプトアウトなさって下さい。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

まず、質の高い精神科医は主に一部の大学病院か、それに準じる医療機関に籍を置いていることが大半です。
うつ病に関して最良の治療を受けられるのはこうした病院ですが、入院となると、そうした医療機関のハードルは非常に高いと言えます。前述のように精神科入院病棟は昔とは違って入院期間の短縮を常に求められています。大学病院であれば他科と比肩しうる病床回転率を求められますから、最長8週間、長くても12週間の入院治療しか許されないのが最近の趨勢です。
そこまでの期間で寛解しなければ、後は外来で診療するか、関連病院への転院を勧められます。

第一に、叔母様のうつ状態は8週間では改善は認められないでしょう。
「鬱が少しでも軽くなればリハビリも少しはチャレンジしてくれる」というのは、憚りながら、認識不足だとご理解ください。
リハビリテーションは、「少し」チャレンジしても意味はないのです。一定量以上のセッションをこなして初めて意味がある改善が得られます。また、ご記載を拝読する限りでは、叔母様のうつ状態は、「少しでも軽くなればリハビリも少しはチャレンジしてくれる」水準のものとは思われません。
順番としては、うつ病を十分以上に改善させて初めて整形外科的なリハビリテーションが可能となります。
しかし、高齢患者様の治療反応性は若年者ほどは良好ではなく、「鬱の専門の先生」がいる大学病院に入院できたとしても、十分な整形外科的リハビリテーションに取り組めるほどにうつ状態が改善することを8~12週間で求めるのは難しいでしょう。

既に、叔母様の腰の状態は、本来行うべきリハビリテーションを行っていた場合よりも悪化していることが予想されますが、さらに2~3ヶ月をかけてうつ病の治療に専心した場合、筋力低下はさらに進行していく可能性が大です。
車椅子生活から脱することができない現実は、叔母様のうつ状態のさらなる悪化を招くでしょう。

中等症~重症のうつ状態がある⇒腰のリハビリが出来ない⇒歩行不能状態が続くことでさらに自己評価が下がりうつ状態が悪くなる⇒腰のリハビリが出来ない……という悪循環に叔母様は嵌まりこんでしまっています。

叔母様のうつ状態を改善できるとしたら、まず、最初から良くなってもならなくても8週間という約束で大学病院クラスの病院に入院させてもらうことです(くじらホスピタルもその範疇に入ります)。このタイムスパンでは、薬物療法が中心になるでしょう。「心にある誰にも話せない何かわだかまり」を言語化して改善に繋げられるのはもっと症状が改善してからです。
そして、これが痛し痒しなのですが、そういった専門性が高い病院には、長期入院が出来ません。

8週間したら退院か関連病院への転院を求められます。
その場合はうつは完全には良くなっていませんが、退院か転院をしなければなりません。その時期にはリハビリに取り組めるくらいにはうつは改善している可能性がありますが、転院先として紹介されるのは単科の精神科病院ですし、そこでは整形外科的リハビリは受けられません。退院した場合も同様です。
リハビリは必要ですが、そのためには、入院先の病院から、もしくはご自宅から、整形外科の病院へ、ご家族が叔母様を送迎しなければなりません。
そのマンパワーが無いのであれば、うつは良くなっても整形外科的な改善は得られずに車いす生活が続き⇒うつはまた悪くなるし、結局は施設入所を考えるしかない、ということになります。

結論を申し上げれば、叔母様は、ご家族がうつ病を良くするために努力を惜しまず、整形外科的問題を改善するためにご尽力を惜しまなければ、相乗的に改善を期待することが可能かと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2793
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医