JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

自分が回避性人格障害ではないかと思い、質問させていただきます。 現在は37歳です。 学生時代からずっと回避性人格

解決済みの質問:

自分が回避性人格障害ではないかと思い、質問させていただきます。
現在は37歳です。
学生時代からずっと回避性人格障害にあてはまるような行動をとってきました。
そのため、今でもアルバイトプラスアルファ程度の仕事にしかつけていません。
21歳の頃から9年ほどひきこもっていました。
今、生きているのがつらいです。
回避性人格障害の治療法はまだないということがネットや本で書かれています。
なにか改善策はあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し周辺情報を下さい。

①精神科受診歴はおありですか? 回避性人格障害は専門医から受けた診断でしょうか。

②既に調べられているかもしれませんが、社交不安障害(社会不安障害)ではなさそうですか?

③回避傾向に気付かれたのはおいくつくらいからでしょう?

④食事、睡眠は普通にとれていますか?

以上、確認させていただければ幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①精神科には27歳ぐらいから通っています。

回避性人格障害についての専門医からの診断はありません。

ただ、私を担当した医師は2名いますが、老人の痴呆などの専門の方や子供の精神医学方面の専門の医師だったので、あまり信頼できません。

私自身の希望で、抗不安剤の薬の処方とデイケアに通う中で30歳の時アルバイトを始めることができました。

それから7年たち、アルバイトから先に進めない現状を考えてみると回避性人格障害があるのではないかと最近また考えているのです。

回避性人格障害ではないかという思いは、精神科受診当時(27歳)からありました。

 

②精神科では社会不安障害という診断名でした。本やネットを見てみても社会不安障害にも当てはまるように思います。

 

③回避傾向は今思えば幼いころからあったように思います。ただ、それを認識したのは、大学に進学しようかどうしようか考えていたころです。結局、家族には大学に進学をしようとしているふりの仮面浪人という感じになりました。

予備校に通うふりをしながらぶらぶらしていました。

大学生活が怖くて仕方がなくて、大学に行く気にはなれないけど、世間体や家族の勧めで行こうとしているふりをするしかない状況でした。

 

④食事は普通にとれています。睡眠は浅いように思います。4時ぐらいに目が覚めてしまってそれから寝られなかったりします。

ただ、これは寝る前の酒の飲みすぎが原因のような気がします。

 

迅速なご対応ありがとうございます。

よろしくおねがいします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

ただいま移動中ですので、約1時間後に改めて回答させていただきます。よろしくご了承下さい。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

こちらから、追加で書かせていただいてよろしいでしょうか。

私は、人と話すのが苦痛という状況です。

苦手というより、楽しくない。ものすごい苦痛というわけではないけど、ストレスになります。

苦痛を感じながらでもどうにか喋ることはできます。

酔っているときしか楽しいと感じられません。

これも、人格障害の一種なのかと思っています。

 

よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

このネット上のやりとりでは、相談者様の診断が回避性人格障害なのか、社会不安障害なのか、両者の合併なのか(合併率は高いと言われています)、鑑別することは困難であろうと思われます。
これは実際に診察しても難しい診断になります。

ただ、回避性人格障害については、人格障害の中ではまだ改善が見込める疾患です。また、社会不安障害ならば治療法がありますし、合併例だったとしても、少なくとも社会不安障害部分の改善は見込めることになります。
そして、社会不安障害の治療と回避性人格障害の治療法はかなりのオーバーラップがあります。具体的には認知行動療法的アプローチがどちらにも有効とされています。

また、「酔っているときしか楽しいと感じられません」ということは、逆に言えば薬物への反応が期待できるということなので、社会不安障害に対する(適切な)薬物療法は相談者様に有効かもしれません。

というわけで、社会不安障害としての治療を受けられることをお勧めしますが、この方針についてはいかがお考えでしょう?
もし相談者様がそれに関して前向きなのであれば、通院可能範囲を教えていただければ医療機関を推薦できるかもしれません。

神経科 についての関連する質問