JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

前立腺の手術を、して、6ケ月すぎております。「小便」がしたいと、言う反応は、ありますが、自尿ができず、現在、カーテル

質問者の質問

前立腺の手術を、して、6ケ月すぎております。「小便」がしたいと、言う反応は、ありますが、自尿ができず、現在、カーテルにて排尿と、同時に「ウブレチド」を、服用しています。
「脊髄」の一部と、「腰」の痛みがあります。良い治療法がありますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

何点か確認させてください。

①前立腺手術はどんな病気に対して行われ、術式はどんなものだったのでしょう? 全摘出術でしょうか?

②通常、前立腺の手術の後に生じるのは排尿困難ではなく尿失禁なのですが、相談者様の排尿障害は手術の後遺症とみなされているのでしょうか?

③整形外科での診断は何だったのでしょう? 脊柱管狭窄症でしょうか?

以上、ご返信いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①当初、尿漏れがあり、泌尿科にかかり、「前立腺」が悪いと、いわれました。

膀胱検査もうけましたが、膀胱は動いているとのことで、再検査しましたら、尿道が潰れていると言うことで、全率線の手術をしました。方法は、ペニスから、「カメラ」「等を挿入して、けずりました。それで尿は、排出できるとのことでしたが、排出できません。

そのため、「神経内科」の診察を、うけました。検査の結果、脊髄にが、一部変形(仕事の関係でいためたものとおもわれます)腰が少し滑り気味とのこと、「整形外科」で、処置してということで、「整形外科」にかかりましたが、手術すれば、良くなる可能性があるが、「保証」できないと、言われ、手術はしておりません。

その後泌尿科で、健在、治療をしています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

①当初、尿漏れがあり、泌尿科にかかり、「前立腺」が悪いと、いわれました。

膀胱検査もうけましたが、膀胱は動いているとのことで、再検査しましたら、尿道が潰れていると言うことで、全率線の手術をしました。方法は、ペニスから、「カメラ」「等を挿入して、けずりました。それで尿は、排出できるとのことでしたが、排出できません。

そのため、「神経内科」の診察を、うけました。検査の結果、脊髄にが、一部変形(仕事の関係でいためたものとおもわれます)腰が少し滑り気味とのこと、「整形外科」で、処置してということで、「整形外科」にかかりましたが、手術すれば、良くなる可能性があるが、「保証」できないと、言われ、手術はしておりません。

その後泌尿科で、健在、治療をしています。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

大よそのところ了解いたしました。

①もともと排尿障害があった。

②それが(恐らく)前立腺肥大症によるものだと見做されて、経尿道的前立腺切除術が行われた。

③しかし排尿障害が改善しないのでさらなる神経内科的・整形外科的検査を行ったところ脊髄の圧迫がみつかった。

ということなのであろうと思われます。

この脊髄の障害は症状から考えて馬尾症候群であると思われます。
【馬尾症候群】
http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_mametisiki/nf_dog/nf_dog_babi.html

薬物療法による改善が期待できることもありますが、骨の変形の程度によっては手術療法を選ばざるとえないと思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
至らない回答で申し訳ありませんでした。

回答が不完全ということですが、手術以外の治療法について情報をご所望であるということでしょうか?

それとも手術治療について詳しい情報をご希望ですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:Other. この程度は、主治医からきいております。手術しなくて、現在服用している「ウブレチド」が最良と聞いておりますが、もっと、高価的な治療方法はないでか・・・
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様が呈されているのは、仙髄から膀胱への信号伝達の障害のために、尿意はあるが排尿が困難となる「運動麻痺性膀胱」と呼ばれる状態です。

非手術療法としてはαブロッカーや抗コリンエステラーゼ薬と呼ばれる薬物が有用です。
αブロッカーとしては、ハルナール、ハイトラシン、ミニプレス、エブランチル、アビショットといったお薬が、抗コリンエステラーゼ薬としてはウブレチド、ベサコリンがあります。

ウブレチドより効果的かどうかは個人差があるので何とも申し上げられませんが、αブロッカーを試されてみる価値はあると思います。

しかしαブロッカーも抗コリンエステラーゼ薬も排尿括約筋を緩めることで排尿を促すお薬であって、仙髄から膀胱への信号伝達の障害を改善するものではありません。
この根本的な部分に聞く非手術療法は現存しません。

私が申し上げられるのはこれで精一杯ですし、現代医療の限界であります。
相談者様が心身ともに非常に困難な状態にあることは理解いたします。
私が呈示した情報が少しでもお役にたてば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:Other.
大変申し訳ありませんが、この程度ですと、「WEB」のネットで、記載されており、もう少し、掘り下げた「回答」を、いただけるものと、期待しておりました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
力及ばず申し訳ありません。
私の知識の及ばない画期的な治療がみつかることを祈念しております。

神経科 についての関連する質問