JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、セルシンを1錠、つらいときに飲んでいます。 会議や、何かのときは、開きなおり飲まないのです。 もう、半年以

質問者の質問

現在、セルシンを1錠、つらいときに飲んでいます。
会議や、何かのときは、開きなおり飲まないのです。
もう、半年以上になりますが、内科で、もらっています。
先生は、必要ないと言いますが、不安感やいらいら感などや、体の不定愁訴が続いています。
健康診断は、異常ありません。薬をやめたいのですが、アドバイスをください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

セルシンは精神安定剤のなかでは「長時間作用型」に属し、服用後効いてくるまでに一定の時間がかかり、その後長く体に留まるお薬ですので、相談者様のような使い方(頓用)にはあまり向いていません。
しかし、服薬を止めても薬が体からすぐに抜けないために禁断症状が出づらく、「止めやすい」精神安定剤であるとも言えます。

セルシンを含む精神安定剤(大多数は「ベンゾジアゼピン系薬物」に属します)には、依存性があります。
1つは狭義の依存で、「身体的依存」と呼ばれます。一定期間服薬することで脳に変化が起こってしまい、急に止めると脳内神経伝達物質のバランスが崩れて、「リバウンド」(不安、不眠、いらいら、自律神経症状)が起こるために、身体依存があると断薬が難しくなります。
もう1つは「精神的依存」です。これは「薬を飲まないと不安なので飲んでしまう」という、心理的な依存です。

いずれの場合も、正しい手順を踏めば断薬は可能です。
ただし、それには精神安定剤に関する適切な知識を持った精神科医/心療内科医の指導のもとで計画的にお薬の減量を行っていく必要があります。急には止められません。

また、大前提として相談者様がお薬を止められる状態でなければなりません。
もし精神科疾患があって、その症状として「不安感やいらいら感などや、体の不定愁訴」が続いており、それがセルシンによって抑えられているのであれば、セルシンを止めると延々と症状が続くことになります。
したがって、当然のことですが、セルシンを止めるには依存云々以前に、セルシンが必要なくなる状態に、相談者様がなっていなくてはなりません。

そもそもなぜ「不安感やいらいら感などや、体の不定愁訴」が生じるのか、その原因に関して診断を受け、お薬の減量を行うためには、我流での調整は好ましくありません。
まず精神科/心療内科を受診されて、精神科疾患の有無と、断薬の可否について相談されるべきであると愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

内科医は、必要ないといわれます。

ただ、それに頼っているだけだといわれます。

今後、どのように、したら、いいのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
内科医は精神安定剤の依存性については知識が無いのだと思われます。必要が無いのであれば、頼ってしまうようなお薬を処方しなければよかっただけですし。

今後は、精神科/心療内科を受診され、精神安定剤の処方についてはそちらから受けられるとよろしいかと存じます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今年の初め、心療内科で、もらっていたのですが、処方を守れば、心配することはないといわれました。

そのうち、自然にやめるでしょうともいわれました。現在、上海で、仕事をしております。

付き合いも多く、こまっています。飲むのは、朝1番だけなのですが、アドバイスをいただけますか

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
精神安定剤の常用量依存については精神科医/心療内科医の間でも、認識していない医師がいるのは確かです。処方した心療内科医はその点について正しい認識をもっていなかったと思われます。
【精神科の薬はクセになるか?】
http://118.82.92.190/blog/archives/cat23/

しかしながら、最初の回答の繰り返しになりますが、いま相談者様がセルシンを必要とする状況であるならば、セルシンは服用されていた方がいいと思います。
朝1錠のセルシンを服用することに大きなリスクがないのも確かです。ただし、休日は飲まないなどの工夫をすることで、依存のリスクは減らせると思います。

誠に失礼ながら、このスレッドにおけるやり取りの中でも相談者様の不安が非常に大きく、決断力も落ちている状態が見て取れます。
現時点でのセルシンの完全断薬は考えられない方がいいのではないかと存じます。

海外勤務とのことですから心療内科/精神科の即時の受診は難しいのかもしれませんから、現状はセルシンで状態を保つのがベターということになるでしょう。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。

もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

特に、相談者様がセルシンを止めたいのか止めたくないのかが途中から不明確になっているように思われます。
この点についても明確にし、ご質問を整理していただけますと幸甚です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
このスレッドの期限切れが間近ですので、オプトアウト致します。
ご質問の方向性が定まりましたら、改めて新しいスレッドを立ててご相談いただけますと幸いです。

神経科 についての関連する質問