JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

非定形うつ病で5年以上通院している40代男性です。医師から、「人生は薬では、変えられない」と言われました。 長期通

質問者の質問

非定形うつ病で5年以上通院している40代男性です。医師から、「人生は薬では、変えられない」と言われました。
長期通院する中で、体に合った薬を模索する事は薬に頼っているのでしょうか?薬を服用すれば、良い効果もあれば、副作用も伴うのは、必衰で 、治療する日々の経過で、いずれは、卒業したいと、思います。
どの様な、意図で、発言されたのでしょうか?治療される側、治療する側、それぞれ考えがあると思いますが、
医師からのこの発言の意図が説明不足で、理解できません。説明不足ならば、聞けばいい事なのですが、
何故か、質問する気になれず、不信に思っている事が、そうさせているようです。
精神科の治療のスタンス、カテゴリー、患者の治療のマネージメント、方針について強く勉強したく思いました。
その後、医師からの説明を頂く事で、自分なりに理解出来るのでは?と思いました。無知なままでは、情報不足なため、理解しにくいと思います。治療の方針とは、誰が決定するのでしょうか?マニュアル等、存在するのであれば、わからないなりにも目を通して見たいと、考えています。その様な事は、可能でしょうか?
患者本人が、病気を、コントロール、マネージネントを目標にし、担当医師もマネージネントする事は、間違っているのでしょうか?症状が、軽くなり、自由に活動出来る事が、目標です。夢にはしたくありません。夢は、全ての人が、かなう事ではないでしょうから・・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

まず、相談者様のお考え、目標は大枠で正しいと考えます。
むしろ、なぜ他の患者様も同じような考えをもって自らの治療に主体的に関わろうとしないのかが、臨床をしていても、このサイトで相談を受けていても、日々不思議に思われるほどです。

相談者様の主治医の、「人生は薬では、変えられない」という言葉が、どのような意味で発せられたものなのかは、前後の文脈も不明ですのでわかりませんが、間違ってはいないのかもしれません。
例えば、暴飲暴食の末に糖尿病を発症し、高血糖で死にそうになっている人がいます。インスリンを適切に用いれば助かるでしょう。インスリンがなければその人は亡くなっていたわけですから、インスリンという薬がその人の人生を大きく変えたと言えます。
一方で、その人が食習慣を改めなければ、糖尿病はまた悪化し、病院へ担ぎ込まれることになります。同じことを繰り返しているわけで、これをもって、「この人はインスリンを使っても何も変わらない」とも言えるでしょう。インスリンは血糖値を下げますが、その人のライフスタイルを変える効力はありません。
ここで、薬をうまく使いながらも、食事療法や運動量など、自分でコントロールすべき部分は自助努力で変えていかなければならない、という結論が導かれます。

うつ病でも同じで、正しく処方された薬だけ飲んでいれば、患者様の側の何の努力も無しに病気が治り、人生が変わる、取り戻せるというわけではないということです。

ですので、「人生は薬では、変えられない」というのは、お薬は人生を変える手助けにはなるけれど、本当の意味で人生を変えていくためには、患者様の考え方や生き方、環境にも改善を加えなければなりませんよ、という意味だったのかもしれません。
普通はそういう意味でこの類の言葉を使います。

さて、本題ですが、相談者様が掲げられている目標は、すこし整理し、絞り込む必要があるでしょう。
すべて満たそうとすれば、医学部に入学し、国家試験に合格して医師免許を取得し、精神科のレベルが高い大学病院で数年の研修と臨床経験を積む必要があります。
最後の、「担当医師もマネージネントする」のが最大の難関で、治療方針の決定権や薬の処方決定権は第一義的には医師しか持てない権限なので、インフォームドコンセントの過程で患者様側の意見を汲み取ってもらえたとしても、すべてを反映させることはできないからです。
また、個々の患者さんの病状や環境に合わせて治療方針を立てたり、薬物療法・精神療法・環境調整を最適化できるようになるためには、一定以上の臨床経験が必要です。
1人の患者様が、文献やインターネットで学んだ知識と、自分の経験だけに照らし合わせて自らの治療方針を決め、病気をコントロールすることは不可能でしょう。

一方で、うつ病に対する精神科薬物療法のガイドラインと、うつ病に有効な精神療法については、その気さえあれば患者様にも独習が十分に可能ですし、平均的な精神科医の知識を上回ることも難しくありません。
何しろ、精神科医の75%がそうした体系的な知識を持ち合わせないまま、場当たり的な治療を行っているのが現状ですので。
【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4】
http://118.82.92.190/blog/archives/2008/09/_10_3.html

したがって、うつ病の薬物療法と精神療法に関する適切な知識を身に付け、それをもって主治医と治療方針について話し合い、相談者様の意向を色濃く反映させていくことは不可能ではないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。


なお、うつ病の薬物療法と精神療法について学ぶための方法や文献を推薦・紹介して差し上げることは可能です。
薬物療法や精神療法そのものを教えて差し上げることは、ネット相談という方法論上不可能だと思われすが。

もしそのご希望がおありであれば、このスレッドを適切に処理した後に、新たにスレッドを立てて、私を指名してご相談下さい。
その場合、相談者様の発症時のうつ病の症状、現在の症状、現在受けられている治療(薬物療法であればその内容:薬の種類と1日量、カウンセリング等を受けておられるのであればその頻度と内容)も教えて下されば、相談者様に個別化した治療上のアドバイスもして差し上げられると思います。

よろしくご検討下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

なぜ他の患者様も同じような考えをもって自らの治療に主体的に関わろうとしないのかが、臨床をしていても、このサイトで相談を受けていても、日々不思議に思われるほどです

報酬と引き換えに他の患者の事を聞かなければならないのか?誰が質問しているのか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
私は患者ではありませんが……。
質問者: 返答済み 5 年 前.

もう無用ですので再三承認督促しないでください。納得して承認および適切に処理できません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

質問している患者以外の事を記入されても、診察室に数人入室し診察されているとしか思えません。それで、個人情報は守られるのか?疑問であり納得できない為、承認出来ません。記入すればどうなるのか?コンブライアンス違反では?病院でも、個別に診察室で、限られた情報の中で、診察しているのが、現在ですが?流れ作業なのは、わかりますが、指導を仰ぐ気持ちには、なれません。

神経科 についての関連する質問