JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2年前頃から、鼻がヒリヒリするような痛み(寝起き暫くは鼻水も出る)があり、耳鼻咽喉科にかかっていますが、鼻炎に関する

解決済みの質問:

2年前頃から、鼻がヒリヒリするような痛み(寝起き暫くは鼻水も出る)があり、耳鼻咽喉科にかかっていますが、鼻炎に関する種々の治療(薬が中心)しても改善されず、医師よりこれは、自律神経のバランスが崩れているためと思われると言われました。
 このような症状の場合、どのようにすれば良いのか、どの専門医にご相談すれば良いのかお教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

その耳鼻科主治医が仰っているのは血管運動性鼻炎だと思われます。
http://www.hanasuusuu.net/fk_kekkanundou.shtml

自律神経のバランスの崩れであるのは確かですが、臨床的にはあまりストレス等の影響は考えなくて良いような印象をもっています。敢えて言えば体質的な要素が強いように思われます。

稀に心療内科/精神科に紹介されてくることはあり、軽い安定剤が処方されることがありますが、心身症的な印象が薄い場合はそのまま耳鼻科で治療される方が大半です。

難治例では鼻粘膜の副交感神経切除術やレーザー焼灼術が行われますが、これも耳鼻科で行われる治療ですね。

現在の耳鼻科であまり良い治療結果が得られていないようですから、セカンドオピニオンがてら、転院も視野に入れて他の耳鼻科を受診されてみることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございました。

セカンドオピニオンとして大学病院(神奈川県 聖マリアンナ大学西部病院)の耳鼻咽喉科を

受診し、CRT検査も受けましたが、耳鼻科的所見は無い、一度神経科の専門医に相談されたら如何と言われました。

 同時に安定剤として、ソラナックス0.4mgを処方されました。同薬を毎日一錠(朝0.5錠、夜

0.5錠)を飲んでいます。

 飲むと多少痛みが和らぐ感じがします。

この薬の強さはどの程度ですか? すでに3ケ月程度飲み続けていますが、引き続き服用していて良いものですか?(効果、依存性等)

 第三のセカンドオピニオンとして別の耳鼻科専門医の先生に相談すべきでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、ソラナックスの連用(毎日の服用)はお勧めしません。もっとも広く用いられているベンゾジアゼピン系と分類される安定剤のひとつですが、強めのお薬だと考えてよいと思います。なので、少なからず効果はあるのだとは思いますが……
1日0.4mgならぎりぎりの線かもしれませんが、体質によっては依存が既に生じている可能性もあります。

ご参考まで:精神科の薬はクセになるか?
http://118.82.92.190/blog/archives/cat23/

調子が悪い時の頓用に使用するくらいに留めることをお勧めします。

神経科に行くと同じような処方をされるリスクが高いので、鼻粘膜以外に症状がないのであれば、サードオピニオンで別の耳鼻科を受診されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 再回答有難うございました。 サードオピニオン先を探してみます。 最後に質問します。

私の症状(血管運動性鼻炎の疑い)の原因が、自律神経の不調とすればこれに対する神経科的治療はないものでしょうか? また、自律神経を調える方法として、(薬の他に)日常の生活習慣、食事、運動(有酸素運動)等で、効果のあるやり方があればお教え下さい。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

自律神経のバランスの崩れといっても、前述したように、血管運動性鼻炎の場合は、あまりそれがストレスによる心身症的なものという印象はないんですよね。

 

一般的に推奨されているのは、日常生活でストレスや睡眠不足をためない、規則的な生活、アルコールを控える、適度な運動、といったところです。

 

ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 本日(11月28日)、サードオピニオンとして、神尾記念病院(耳鼻科の高度医療専門病院、

東京お茶の水)を受診しました。 そこでもやはり、加齢(69才)による神経過敏症だろうと診断

されました。 ただ念の為二週間後に、CTを撮ることになりました。先生からは、一度メンタルクリニックで相談されては如何とも言われました。(緊張型頭痛もするため)

 その場合、精神科、神経科、神経内科のいずれが良いのでしょうか?

 昔、安定剤として、ドグマチール50mg1錠、メイラックス1mg1錠を朝1回、夜1回服用したことがあります。

 この薬はソラナックス0.4mgに比べ、効き方、依存性の有無とどう違うのかお教え願えれば

幸甚です。

これで最後(回答で承諾)です。 宜しく回答の程お願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず受診される診療科ですが、精神科、神経科、そして心療内科のいずれでも大丈夫です。
これらは全て=精神科なのです。
神経内科だけが別の科です。こちらは脳神経外科の内科版のような科で、パーキンソン病や脳梗塞を診療します。
【精神科と神経科と神経内科と心療内科】
http://118.82.92.190/blog/archives/cat1/cat15/

次にお薬ですが、ドグマチールは、このような使い方(50mg 1錠)をよくされていますが、ほとんど脳に移行しないので、効果もありません。食欲亢進等の副作用は起こります。依存性は知られていません。

メイラックスとソラナックスですが、この両者は化学的には兄弟のような物質です。脳内での作用点や精神安定作用を発揮する原理も同じです。

メイラックスは飲んでもすぐに効いた感じはせず、しかしじわりと血中に溶け出して、1日1回の服用で24時間以上作用し、緩やかに効き続ける精神安定剤です。

一方でソラナックスは服用して30分以内に効き目が実感でき、数時間で効力ばなくなります。患者様の中には「効き始めるのも効き目が切れるのも実感できる」と仰る方もおられます。

精神安定剤はどれも依存性があります。作用時間が短い安定剤ほど依存が生じやすいので、ソラナックスとメイラックスなら間違いなくソラナックスの方が依存性が高いと言えます。
「効く実感」がある分だけ、精神的にこのお薬に頼ってしまわれる患者様も少なくありません。

パニック障害のように発作性に症状が出る疾患ならば即効性のあるソラナックスが適していますが、相談者様の場合はメイラックスの方が合っていると考えます。
依存性はありますが(3か月程度の連用で生じることが多いとされています)、止めるのにはそれほど苦労しないお薬です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問