JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14077
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

9

質問者の質問

私は9月初めにクーラーをかけて寝て風邪を引き、いままでまだぐずぐずしており、まだ完治しておりません。咳も痰も少しあります。         
その結果困ったことが起きました。
私は自律神経がおかしくなったと思っていますが、症状はすぐ汗をかくことです。一日に下着を10回も変える始末です。体温も36度5-6分が、かあーと熱くなると、36度8~9分になります。
食欲はやや落ちています。便通はまず普通です。
年齢88歳 男性です。田中謹之助。 趣味はゴルフと運転です。東京都練馬在住。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

相談文を読むだけでもお困りのご様子が伝わってきます。ただ、もう少し我慢されれば少しずつ調子は回復してくる(体温の調整がうまくいくようになる)のではないかと思います。

今年の8月下旬から9月上旬にかけては日によって寒暖の差が激しく、その日その日で衣服も夏物を着たものやら秋物を着たものやら迷うことが多い毎日でした。
夜と昼の気温差も大きく、日中暑かったのでクーラーをかけて寝たら夜中に寒くて目が覚め、風邪を引いていたという、相談者様と同様のアクシデントに遭われた方がたくさん見受けられました。

私の外来にも、そのような気温差についていけず、自律神経のバランスを崩された方が複数受診されましたので、今年のあの時期の気温変化の大きさは特別だったのかもしれません。
ちなみに私の外来を受診された患者様は女性と高齢の方が大多数でした。
もともと体温調節がうまくいかない方々には堪えた「季節の変わり目」だったようです。

人間は暑ければ汗をかいて気化熱で体温を下げようとしますし、寒ければ血管を収縮させて体温を逃さないようにします。こうした働きを自動で行ってくれるのが自律神経です。

自律神経はまた、季節によって機能のシフトチェンジをし、体温調節に関しては、夏には汗をかいて体温を下げる方向に、冬には血管を収縮させて体温を逃さない方向へと大枠の方向性を決めてしまう傾向があります。
季節の変わり目に体調を崩される方が多いのはこのためで、冬シフトしたと思えば小春日和になったり、夏シフトにしたと思ったら寒い日があったりで、ギアチェンジがなかなかうまくいかないことがあるのです。

高齢になればなるほど体温調節機能は衰えるため、季節の変わり目の自律神経の失調は起こりやすくなります。
相談者様の場合、恐らくは8月の下旬から、若干の体温調節の困難は起きていたのではないかと推察します。

そこへきてクーラーをかけた環境下で風邪を引いたことで体温調節機構が大きく調子を狂わせたものと思われます。

ご存知かもしれませんが、風邪を引いた際に熱が出るのは、体温を上げて風邪の原因となっているウイルスを撃退するための身体の防衛機構です。
相談者様の風邪はまだ治られていないということですから、この防衛機構は依然発動中であるはずです。
そこへきて自律神経系の失調が起きているために、微熱程度の体温の上昇にも過敏に反応して過剰ともいえる発汗が起きているものと思われます。

寝ている間に汗をかき、着替えることもできずに体が冷えてしまうことで風邪が長引き、悪い状態が長引いてしまっている可能性もありますが、まずはこの風邪を治して体温中枢の防衛反応を停止させることです。

そうすれば、後は自然と自律神経症状は治まっていくはずです。
なぜならばそろそろ寒暖の差が落ち着き、11月後半ともなれば冬が到来し、気温差が小さくなっていくからです。
いったん気温変化が治まってしまえば、自律神経の体温調節機能は冬型へと変わり、汗はかかず、血管を収縮させるモードにシフトチェンジします。
多くの場合はこれでいったんリセットがかかって、来春からは元通りの体温調節に戻るはずです。

もし戻らなければ、これは9月の風邪をきっかけとして本格的に自律神経失調症を発症してしまった可能性がありますので、心療内科を受診されることをお勧めします(その危険性は低いとは思いますが)。

ただ、例えば甲状腺の病気などで暑がりになり、汗をたくさんかくようになることもありますので、いちど内科を受診しておくと安心かと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
いますこし寒暖の差が大きい季節が続きますが、どうかご自愛ください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    13
    国立大学病院神経科精神科にて勤務経験あり
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2775
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    310
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

神経科 についての関連する質問