JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Garagistaに今すぐ質問する
Garagista
Garagista, メカニック
カテゴリ: バイク
満足したユーザー: 1
経験:  国産・輸入車・二輪・四輪なんでも対応可能です
60252530
ここに バイク に関する質問を入力してください。
Garagistaがオンラインで質問受付中

カワサキZZR1100Cのセルが重くて始動困難です。 92年型 走行45000k ワンオーナーです。 弱ったバッテリーを1年以上使っていました。 走行直後にセルが回らなくなっ

質問者の質問

カワサキZZR1100Cのセルが重くて始動困難です。
92年型 走行45000k ワンオーナーです。
弱ったバッテリーを1年以上使っていました。
走行直後にセルが回らなくなったので限界かなと思い、新品に交換しましたが、
相変わらす回転は重いままでした。
最初の頃はキュル、キュル、ウォン(始動)という状態でしたが、間もなく
キュル~ン、キュル~ン、キュル~ン、キュル~ンという音でなかなか始動できません。
これまで、セルの交換(リビルト品及び実働確認の別の品3点)、リレーの交換、
をしましたが効果無しです。
電圧は、バッテリ-を満充電の状態(12.7V)でセルを回すと8.5Vに降下します。
バッテリが弱いかもと思い、車のバッテリーとブースタケーブルで繋いでも同じで、
ジャンプスターターを使用しても同じで、変化無しです。
こうなるまで始動後のエンジンの調子はすこぶる良く燃費も20KM/Lでした。
このような事に至った原因とか予兆の思い当たることとして
*弱ったバッテリーで長期間使用していたこと。
*バッテリー交換前に、20K位走行した直後に再始動でセルが回らす、近くの
GSで充電して始動できたこと。
原因修理方法のご教示をお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: バイク
専門家:  Garagista 返答済み 2 年 前.
Garagista :

バッテリーからのアース線、もしくはセルモータの接続線(+)の不良(経年劣化)が考えられます。

Garagista :

経年劣化により抵抗値が増えているのではないかと思います。