JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 380
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

28歳の娘が2年前に非定型精神病になり、入院もしました。一度良くなり、事務の仕事につきましたが、また、昨年発症しました。

解決済みの質問:

28歳の娘が2年前に非定型精神病になり、入院もしました。一度良くなり、事務の仕事につきましたが、また、昨年発症しました。現在は、落ちつきましたが、仕事も面接を何回も受けますが受かりません。
昼過ぎまで寝て、どんどん太っています。
指摘すると、逆上して、親の育てかたが悪いからこうなったといいます。
二週間に一度は、病院に行ってお薬をもらっています。手帳は、本人は嫌がってもらうつもりはないようです。収入がないから、年金や国保など払うのが厳しくなってきました。
仕事は、したい気持ちがあるので何回も面接に行ってます。たまに単発の仕事があれば行きます。仕事など用事がある時は、自分で早く起きられます。
寝すぎなのは、病気の影響なのか、病気は、治っていないのか、この先も治らないのか、ずっと薬を飲み続けないといけないのか、副作用はないのか、仕事も普通に事務の仕事でいけるのか、この先親としてもどう接していけばいいのか、不安がいっぱいです。どうか、ご指導よろしくお願いします。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 1 月 前.

質問ありがとうございます。

ご心配の事とおもいます。

>寝すぎなのは、病気の影響なのか、病気は、治っていないのか、この先も治らないのか、ずっと薬を飲み続けないといけないのか、副作用はないのか、仕事も普通に事務の仕事でいけるのか、この先親としてもどう接していけばいいのか、不安がいっぱいです。どうか、ご指導よろしくお願いします。

→こういったことは、病状を知っている主治医にきかなければならないことかと思います。

何故なら、非定型精神病と一口に言っても経過は様々ですので、一般的な事はここで説明できますが、娘様個人の事については現状や経過を把握している担当医師でないと責任のある説明はできないからです。娘さんの診察の日ではない時に、質問者様だけで受診して、病状のこと、今後の事を相談されるのがよいかと思います。

それを了承して頂いた上で、一般的な説明をさせて頂きます。非定型精神病は、

急性発症(2週間以内)で 意識障害がありもうろうとした状態や、 急な幻覚妄想状態となりますが、このような状態は一時的で、3か月以内に改善し、最終的には病前の機能レベルまで回復します。

ただし、このような症状のある時期を周期的に繰り返すことが多く、再発までの周期が長ければ薬の中止ができますが、再発周期が短い場合は再発予防のために抗精神病薬を使い続けることが必要です。

再発予防のための内服は、なるべく副作用の少ないお薬を選択することになります。

>現在は、落ちつきましたが、仕事も面接を何回も受けますが受かりません。

>指摘すると、逆上して、親の育てかたが悪いからこうなったといいます。

>昼過ぎまで寝て、どんどん太っています。

→非定型精神病は、3か月以内に症状は治まり、元の精神状態に戻る事が特徴ですので、落ち着いたあとも上記のような症状があるのは、非定型精神病以外の原因の可能性が高いと思われます。(そもそも、上記の3症状は非定型精神病の症状ではありません。)

発達障害やうつ病の可能性について、主治医に相談されるべきかと思います。

>昼過ぎまで寝て、どんどん太っています。

→眠気や食欲亢進、肥満は、お薬の副作用の可能性もありますので、こちらも主治医に相談されるのがよいかと思います。

朝起きられないというのは、うつ病の症状や薬の副作用でも説明が可能ですが、用事があるときはきちんとおきられるのであれば、ただ単に生活リズムが乱れている、本人が昼まで寝ようと思って寝ているだけの可能性が高いです。うつ病やお薬の副作用で有れば、用事があって起きようと思っても起きることができないと思われます。

>収入がないから、年金や国保など払うのが厳しくなってきました。

→これについては、もう大人なのですから、支払いや生活は本人に任せるのがいいと思います。自分の貯金から払うのが難しくなれば、年金の免除申請や手帳の申請を考えるしかなくなると思います。

dr-yyamamotoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12424;くわかりました。わかりやすい説明をありがとうございます。
頭の中が整理され、前向きな気持ちになりました。
主治医に一度伺います。
適切な解答ありがとうございました。
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 1 月 前.

お返事ありがとうございます。

主治医にご不安な事は全て相談されてみてくださいね。

最後に、画面上方の回答に対する★の評価をシステム上からつけて終了されてください。

専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 1 月 前.

すみません、入れ違いになりました。

評価はすでにつけてくださっていたようでありがとうございました。

精神科 についての関連する質問