JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 385
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

昨年の6月に睡眠導入剤を多量に飲んで自殺を考えました。今現在も体が不自由であります。亜急性期

質問者の質問

昨年の6月に睡眠導入剤を多量に飲んで自殺を考えました。今現在も体が不自由であります。亜急性期
脳出血と診断され専門のリハビリテーション病院に2か月入院しましたが現状維持ということで退院しました。歩くにも大変不自由な思いをしています。自殺を考えた事をやむ負えないものだと思います。
明日に希望を持てるような体に戻す事は不可能なのでしょうか。生まれつき広汎性発達障害で漏斗胸のせいで腹式呼吸ができていないそうです。そんな状況でスタッフのおしえが自分にはのみこめないようでした。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 1 月 前.

質問ありがとうございます。

お辛い状況ですね。

脳出血の後遺症による麻痺でしたら、完全に改善することは不可能ですが、リハビリを続けることで、多少の改善や、悪化を防ぐことはできますので、通所リハビリや訪問リハビリを利用されて、リハビリは継続されたほうがいいと思います。

残念ながら、内服や手術などで元に戻すというような方法はなく、リハビリで悪化を防ぐ、ということしかできないのが現状です。

今の状態でしたら、精神科や心療内科も受診されたほうがいいかと思います。治療やカウンセリングで明日に希望が持てるような心持になる可能性があります。

発達障害についても、精神科の訓練により、不得意な事ができるようになる可能性もあります。

精神科 についての関連する質問