JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

中学1年の男子、一人っ子です。1ヶ月半ほど、咳が止まりません。もともと喘息があり、かかっていた大学病院で診てもらい、いろ

質問者の質問

中学1年の男子、一人っ子です。1ヶ月半ほど、咳が止まりません。もともと喘息があり、かかっていた大学病院で診てもらい、いろいろな薬を試し、血液検査、レントゲン、血中酸素濃度、聴診器での胸の音、問診…などから、心因性の咳喘息と診断されています。
GW明けに人間関係で学校に行きたくなくなり、その時も咳が出ました。今の状況から思えばその時の咳はそれほどひどくなく席替えののち、徐々に元気を取り戻し、1日欠席したのみで学校、部活とも行っていました。
あとから思えば、中学生活に馴染めなかったのがそのような形で出たような気もしています。
7月10日頃からまた咳が出始めました。その時は熱もでたので、5日ほど学校を休んで、2日間、復帰したのち夏休みに突入しました。
夏休みは部活を頑張ろうとしていたのですが、運動はもう少し体調が良くなってから…と医師から言われ、部活には参加できず、勉強もあまり身に入らず、移るものだといけないので友達にも会えず、寝ころんでゲームやYou Tubeばかりの日々が始まりました。その時点ではまだ、薬を変えてみたり検査して結果を待ったりで咳の原因はわかっていませんでした。他に体調の悪いところはありませんでしたので、「時間があるのだから、宿題、勉強もしなさい」とか「自分だけでできる運動、筋トレとかなんでもいいからやった方がいい」など注意が多くなってしまったり、なかなかゲームの時間ルールを守らないため日中数時間、ゲーム機をしまって使えないようにしたりしていました。
8月初めに「心因性の咳喘息」とわかり、環境を変えて気分転換するのも効果的とのことでしたので、お盆時期に2泊3日ではありましたが、旅行に2回行きました。咳が止まらなくなってから、すっかり元気がなくなり、話す声も聞き取りにくいくらいなのですが、車に乗ると音楽に合わせて大きな声でよく歌を歌っています。旅行の間は咳もちょっと減っていたと思います。2回目の旅行中、若者が多く賑わうプールに行き、初めて「親と一緒に歩きたくない」等、言うようになりました。
お盆が明けて、部活が再開しました。体調を見ながら軽い運動はしてもいいと医師に言われたので、部活に出てみましたが、息苦しくなったりして早退してきました。この時点で「みんなの足手まといになる」という思いが出てきたかもしれません。
8月20日過ぎ、同じ部のお友達宅でお泊まりに呼んでくれ、翌日は一緒に映画を観に行ってきました。楽しかったようですが、たまたまその日はスケジュールがつまっていて、午後には病院、夜は塾という忙しさで、大急ぎで夕飯を食べて塾に行こうとしたところ、うずくまって泣き出し「もう嫌だ」「何もしないで、ここ(家)にいたい」「生きていたくない」などと言うようになりました。
翌日の夜にも就寝前に同様な様子になり、「もう生きているのは嫌だ」と言ったので、頰を叩いて「そんなことを言うな!」と怒鳴ってしまいました。その後泣き出し「生きていても何もいいことなんてない」「どうしたらいいかわからない」「人に迷惑をかけて足手まといになりなりたくない」等と言って布団をかぶり泣き続けていました。どんなに大切で貴重な存在か、そして「どうしたらいいか」は、選択肢はたくさんあるから、これから探していけばいい等々、ゆっくりなだめているうち疲れて眠りにつきました。
お盆中はあまりストレスをかけないよう、スケジュールに囚われず比較的自由に過ごしていましたが、20日の診察後は、新学期に向けて生活を切り替えようと話し、早めの就寝で疲れを取り、朝は一定の時間におきて朝食をとり、午前中のウチに軽いウィーキングを兼ねた運動…などと決めてなんとか実行しています。
ですが、ネガティヴ思考が強くなり、特に寝る前などに「生きていたくない」「生きていても何もいいことなんてない」「このまま家で好きなことだけしていたい」「もうどうしていいかわからない」等と言って泣くことがでてきました。昨日は「行く」と言っていた塾に「怖くて」行けませんでした(先生がバリバリ教えてくれる勢いのあるところなので、追いつけていないのかもしれませんが)。
もうすぐ学校が始まることや、宿題がたまっていることがストレスになっているようにも思えます。
また「心因性の咳喘息」は、集中している時は咳がでないそうですが、8月初旬までは友達と遊んでいたりしていると咳が少なかったのが、20日前後以降は、何かしている内容に関係なく夕方~夜に咳がひどくなることが多くなっているように思います。
夜、就寝後は咳がピタリと止むので、睡眠時間をしっかりとるようにしています。
もともと明るい性格で、積極的ではないですが親しい友達も何人かいます。気質はとても臆病・恐がりで、注射や雷、怒られること(友達が怒られていても)、ジェットコースターなど…苦手です。また生真面目で融通が利かないところがあります。小さい子どもが好きで、優しい面があります。タフさがなく、物事が長続きしません。
最近、親にスキンシップを(チョコッと腕に触れてみたりする程度ですが)してくることがあり、体は大きい方ですが中身が幼いので、心身の成長のバランスがとれず、親離れへの不安があるようにも感じます。親としては、だいぶ甘やかしてきてしまったのかもしれないと反省しているところで、こちらも子離れの努力中です…。
病院で処方され、現在、飲んでいる薬は以下の通りです。
カルボシステイン錠 500mg
メプチンミニ錠 25mμg
オロパタジン塩酸塩錠 5mg
モンテルカストチュアブル錠 5mg
ツムラ麦門冬湯エキス顆粒
フコスデ配合錠 1日2錠
アドエア100ディスカス 28吸入用
ちなみに4月の調子良かった時は
シングレアチュアブル錠 5mg
ナゾネックス点鼻薬 50μg112噴霧用
オロパタジン塩酸塩錠 5mg
を服用していました。
呼吸器系統の治療の他、思春期特有の側面や、もしや自律神経系のこともありはしないかと思っています。
(父親が思春期にめまいをおこすようになり、やはり原因が分からずに病院を転々としたことがあったそうです)長々とすみません。どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Zawan24 返答済み 2 ヶ月 前.

このサイトは、相談者様が質問料金を提示した上で質問を投稿し、専門家は専門知識を用いて回答する場所だと考えております。

そのため、相談者様と専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要があります。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけたら幸いです。

精神科 についての関連する質問