JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Zawan24に今すぐ質問する
Zawan24
Zawan24, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 781
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

夫は39歳の時に下着泥棒で逮捕され前科四犯です。 刑務所から出て来て直ぐに再犯を犯します。

質問者の質問

夫は39歳の時に下着泥棒で逮捕され前科四犯です。
刑務所から出て来て直ぐに再犯を犯します。
刑事さんが言うには20代の頃からやっているだろう言われました。
夫とは16歳から22歳まで、お付き合いをして22歳で結婚しました。
もう2度としないと言う言葉を信じたのですが一人娘がいるにも関わらず下着泥棒を辞めません。
盗んだ下着を履いて寝ている姿を娘と一緒に見た事もありますし、娘が夫の下着の中に盗んだ下着を入れているのを発見した事もあります。
娘が一歳にもならない時に私も夫が自分の下着の中に盗んだ下着を入れているのを発見しました。
その時は下着泥棒をしているなんて思ってもいませんでした。
夫が言うには去年の5月に下着泥棒をしてからはやっていないと言っていますが盗んだ下着を履いて寝ていたり自分の下着の中に盗んだ下着を入れていたり本当に今でも下着泥棒をしているのではないかと毎日、気が休まる日はありません。
夫は、もう治ったと言っていますが刑事さんから癖は治らないと聞いています。
夫は現在54歳です。
近々、精神科を受診しますが夫の下着泥棒は治るのでしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Zawan24 返答済み 3 ヶ月 前.

配偶者のされている下着泥棒は、病的フェティシズムは本人自身が「やめる」という意思と行動を保ち続けることが絶対条件であり、精神科的治療は補助的なものにしかなりません。

本人が治したいという意思を持ち続けなければ、治る可能性は低いです。

精神科 についての関連する質問