JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

12月中旬から、妄想したり、超常現象を感じたり、行ったりするようになってしまいました。現実と妄想の区別が、つかなくなりま

質問者の質問

12月中旬から、妄想したり、超常現象を感じたり、行ったりするようになってしまいました。現実と妄想の区別が、つかなくなりました。今は、落ち着いていますが、夜(暗闇)の恐怖感があり、熟睡できなません。症状としては、右腕のしびれ・立ち眩み・頭の上方のミシミシ音などです。年末年始で、どの病院も休診で困っています。近場でないと通えません。取りあえず、市販薬を飲んでいます。一体、どういう病気なのかを知りたいです。知れば、少しは安心できます。ご多忙中、申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。(65歳・男性)
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

実際に診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様の診断については、いわゆる「老年期精神病」という診断がもっともしっくりくるであろうと思われます。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10210200.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

老年期精神病自体は単独の疾患ではなく、認知症とまったく関係がない妄想性障害の場合もありますし、認知症の初期症状である場合もあります。
現時点では、認知症の初期と妄想性障害両方の可能性を考えられておくべきでしょう。

まずは診断を確定したうえで、それに即した治療を行っていく必要がございます。
理想的には、年明けに、老年期精神医学の専門施設を受診していただき、診断について検討がなされるべきでしょう。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】

http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

拙回答をご一読いただけますと幸いです。

精神科 についての関連する質問