JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、反復性うつ病性障害と強迫神経障害で 15年近く改善せず、通院治療中です。

解決済みの質問:

現在、反復性うつ病性障害と強迫神経障害で
15年近く改善せず、通院治療中です。
何年か前から、うつがひどい時が多くみられるのは
変わらない症状ですが、ある日突然
気分が鬱から解放されたように、
気分もよく、じっとしてられず、
友達に一方的に多弁になり
色々気になり、一つの物事に集中できず
やけに明るくでも
色々な考えが次から次に思いついたことを、
するのはいいですが、その際中も他の事も考えが
頭に浮かび、一つのことに集中出来ず
周囲の方に異様に見られることも多く
落ち着きがないなど
の症状が一気に現れ
周りも困ってるみたいです。
時には、頭の回転が良すぎて
自分が納得いかないことに対して
他人にぐちぐちと説教してたりも多く
頭が休まらないため疲労感も溜まる一方ですが
鬱になったときに、自分の行動に対して
自問自答し
やっぱりダメな人間だと
深く悩み数日間寝込んでしまうこともあります。
診察の際は、
気分がいいときは快調ですよと伝え
鬱の苦しみメインで先生には現状を続けています。
しかし、この一週間
気分がいいときの状態が5日間連続で、
続いたのが初めてだったので
少し今までとは
違うしんどさを感じていたので
違う病気が併発しているのかなと思ってはいても次の診察まで
時間があいていて
主治医に相談出来ず
このサイトをみつけ、相談した次第です。
やはり鬱の波のいいときと考えた方がいいのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様はうつ病ではなく躁うつ病(双極性障害)に罹患している可能性が高いと考えます。

双極性障害(躁うつ病)の患者様の7割がうつ状態で発症し、それは普通のうつ病と臨床上区別がつかないため大多数の患者様は当初はうつ病と診断されます。

しかし経過中に躁状態が現れると躁うつ病に診断が切り替わり、治療方針も変わります。躁うつ病とうつ病は全く異なる病気であることが分かっており、病像が似 ていても、躁うつ病の患者様のうつ状態に抗うつ薬を投与しても効果がありませんし、むしろ躁転や急速交代化、難治化といった、病状の複雑化を招きます。

躁うつ病の治療は薬物療法が中心で、気分安定薬と呼ばれる、気分の幅を一定に収めるお薬が用いられます。薬剤名としては、リーマス、デパケン、テグレトール、ラミクタールなどが気分安定薬にあたります。

これらのお薬は躁うつ病の躁状態にもうつ状態にも有効で、継続的な服薬を続けることで病相予防効果もあります。

治療を根本から変える必要がありますので、次回受診時、主治医に、双極性障害の可能性について確認されることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12358;つ状態の方がほとんどのなか
以前は一日だけや
一日のなかで急にその状態になるくらいで
逆に気にも止めてなかっただけに、
一日だけだと
抗うつ薬が効いて調子良いのかなと
思ってだけに、主治医に詳しく相談することがなかったのが現状でして調子がいいときに限って、
私的には普通に道を歩いていると
かなりの確率で警察の職務質問に
あってなんでだろうとも
思っていました。抗うつ薬が効きにくいのは
長年服薬している事により
薬に耐性ができて
効きにくいとは主治医が言っていました。双極性かもと主治医に
いっても一時的だから
多分当てはまらないと
過去に言われたこともあります。抗うつ薬が特に効き目を示さないのは
やはり、双極性の可能性の方が
大きいのですかね?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、抗うつ薬に耐性は出来ないです。

その意味で、相談者様の主治医の精神薬理学的な知識には疑問符を付けざるをえません。

> 抗うつ薬が特に効き目を示さないのは

> やはり、双極性の可能性の方が
> 大きいのですかね?

⇒その通りです。

「それでも効果が感じられない場合は、そのうつ症状がうつ病以外の病気によるものである可能性を疑ってみる必要があります。なかでも双極性障害のうつ状態はうつ病と同じ症状が現れますが、治療薬は異なりますので注意が必要です。何年前のことでも構いませんので、これまでに躁状態(気分が高揚し、ハイテンションで、怒りっぽく、普段の調子を超えて活動的になった時期が数日以上続いたなど)になったことはなかったか、一緒に生活する家族にも聞いてみて、思い当たることがある場合には主治医に伝えるようにしましょう」(http://www.smilenavigator.jp/utsu/about/abc/abc04_03.html より引用)。

その他

http://sukkiri-blog.com/bipolar-disorder

http://www.motoyama-clinic.jp/info/column/1208.html

転院も、選択肢の1つとしてお考えになったほうが良いかもしれません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12377;みません、何回も
通常のうつ病から
双極性障害に発展することも
あるのでしょうか?あと、家族を早くに死別していたので
10年間独りで生活していて
うつ状態の時は
ほとんど寝たきり状態で部屋からでず
他人にも会うことが
なかったので
私を日常生活で常に見ている人が
いないので自分では気づいて無い現状です
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

いいえ。

うつ病と躁うつ病はもともと別の疾患です。

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。

システム上での評価をお願いいたします。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。

【回答を評価するには、どうすればいいですか】

専門家からの回答の下に表示される、5つの顔(か星)から1つ選択して、回答を評価してください。

プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。

http://ww2.justanswer.jp/sites/default/files/help/Drupal_How%20do%20I%20rate%20answer.png

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問