JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 一昨日結婚相手と同居を始めました。 滋賀から大阪に嫁いで、旦那さんと二人暮らしです。

解決済みの質問:

はじめまして。
一昨日結婚相手と同居を始めました。
滋賀から大阪に嫁いで、旦那さんと二人暮らしです。
こちらへ来てから、ずっと胸が重く苦しく、お腹も気持ち悪くてお腹がすきません。
以前、精神安定剤のデパスを病院で処方されたのを、朝方息苦しくて飲んだら、すっと楽になってきました。
私の父親はうつ病で自殺しているので、私も遺伝的にそうならないか心配です。
旦那さんに今の状態を相談したのですが、克服するしかない、そういうのは僕はサポートできないとはっきり言われて、頼れません。
母に心配もかけたくないし…
心療内科に行った方がいいでしょうか?
今、健康保険の手続き中で保険証がありません。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

①デパスは、いつ、どのような理由で処方されていたのですか?

②実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?

https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
29483;山先生へ点数は10点で軽度でした。
デパスは半年位前に、旦那さんの何気ない発言がきっかけで急に喉が詰まりを感じ長長く続いたので、内科と心療内科にいって処方してもらいました。その時はあまり効果はなく、最終的に耳鼻咽喉科にいって、喉の検査をして問題ないと分かったら数日後に自然に治りました。その時のデパスを今服用すると、お腹の気持ち悪いのも治り、気分も楽になって効果を感じます。
また耳鼻咽喉科でその時にセルシンも処方してもらってまして、デパスがあと4錠しか無いので、無くなり次第セルシンを服用しようと思ってます。
問題はないでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

デパスやセルシンは化学的には「ベンゾジアゼピン作動薬」に属します。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

デパスに関しては、もっとも依存・乱用が起こりやすいお薬であることが知られています。

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-category-1.html#no143

根本的な治療を行わずにデパスやセルシンで「その場しのぎ」をしていても、解決にはならないと考えます。

ただ、いま現在お苦しいのでしたら、セルシンを自己責任で服用することには問題は無いと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

以下、相談者様の診断がうつ病であるという前提で回答いたします。

うつ病にも色々なタイプのものがあります。

脳の病気としての性格が強く、何のきっかけも無く、比較的急激に発症するうつ病もあります。

深刻なストレスがかかり、もしくは複数のストレスが重複・持続することで次第に進展していくタイプのうつ病もあります。

相談者様は典型的な後者だと思われます。

ご記載のような状況・経緯ならば、気持ちが塞いでも当然でしょう。それがあるところで一線を越えてしまったのだと思われます。

相談者様のようなタイプの患者様の場合、薬物療法ともに、カウンセリングを受けられて、ご自分の中で問題を整理し、解決(できるとは限りませんが)の方向をみずから見つけ出していくアプローチが必要です。

現在相談者様が直面している問題は、相談者様自身が解決もしくは落としどころをみつけなければならない問題です。
しかし、現在の相談者様は少し疲れておられて、お一人でそれに対処できる状態ではないように思います。

専門家の助けを求められるべきでしょう。

医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

精神科医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26126;日、心療内科に予約がとれたので行くことにしました。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問