JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

精神科の先生に質問です。手足が痺れてこわばったり、息苦しくて動悸がしたり頭が痛いときもあります。一度精神科にいって見ても

解決済みの質問:

精神科の先生に質問です。手足が痺れてこわばったり、息苦しくて動悸がしたり頭が痛いときもあります。一度精神科にいって見てもらったのですがパニック障害だと診断されて、薬を貰って飲んでみたのですがあまり効き目がありません。どうすればいいでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

①ご記載のような症状はいつ頃から認められますか? 原因やきっかけとして思い当たる出来事があるでしょうか。

②処方されたお薬の名前を教えていただけますか?

③薬物療法しか受けられていないのでしょうか。

④どれくらいの頻度でパニック発作が起こりますか。発作が起こりやすい状況があったら教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
19968;番最初に症状が出たのは二年前です。職場でいきなり過呼吸になり倒れてそのまま病院に運ばれました。原因は働きすぎによるストレスだと言われました。確かに自分はパン屋で製造の仕事をしているので12時間くらい働くのが普通で、でもその日は普通にいつも通り働いてストレスなど微塵も感じてなどいないと思っていたのでその診断を受けてどうにも納得行きませんでした。次に症状が出たのは翌年の八月頃でした。通勤中に突然腕と足が痺れてきて動けなくなり朝早くなので近くに人もおらず自力で家まで帰り、彼女に職場に電話をかけて貰いました。それから週3~4くらいの頻度で痺れるようになり病院に行く事にしました。医者からはパニック障害といわれとりあえず薬を貰いました。薬の名前はアルプラゾラムという薬です。それから仕事をやめて自宅で療養して、落ち着いた頃に仕事を再開しました。この頃は薬をもう飲んでいませんでした。と言うより姉がうつ病だった事もあり、精神の薬はあまり飲みすぎるとそれが無くてはならなくってしまう、と姉から聞かされた事がありあまり薬には手をつけませんでした。そしてつい最近また同じような症状がでたので残っていた薬を飲んだのですが効果があまり無く、特に朝方に症状がでることが多いです。症状が出た場合必ずと言っていいほど怖い夢を見ている気がします。夢の内容は覚えていません。仕事をしている時は症状は出ず、終わったあとなどに手が震えて来ることがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
20181;事が終わったあとに手が震えて来ることがあります、です
質問者: 返答済み 1 年 前.
12373;っきそちらで紹介している簡易うつ診断をしたのですが、16点の重度としんだんされました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

パニック障害の患者様のうち60%が、うつ病を合併するといわれています。

うつ病の遺伝負因もおありとのことですし、QIDSで16点という結果が出たのであれば、相談者様の現在の主診断は、むしろうつ病であると考えるべきでしょう。アルプラゾラムでは、現状、解決にはなりません。

⑤主治医と、診断と治療方針の見直しについて相談することは難しいでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
38627;しくはないとは思いますが、具体的に解決するにはどのようなことをすればいいですか?また主治医にはどの様に相談すれば良いでしょうか?あとうつ病は遺伝するものなのですか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

相談者様が重度の重度のうつ病を患われているという前提で回答するならば、現時点で相談者様が能動的に行える努力はありません。うつ病の薬物療法を、まず受ける必要があります。

うつ病は脳の病気としての側面があり、遺伝性を有することが知られています。

もしまだ話していないのであれば主治医に、お姉様にうつ病の病歴があること、QIDSの点数が高得点であったことを話し、うつ病の可能性について検討していただき、その可能性が高いようならばうつ病の治療を開始していただくべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問