JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 837
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

労災申請で地方労災医員の判断に対する、セカンドオピニオンをもらいたいのですが、どこの病院も、主治医の治療に関する意見を前

解決済みの質問:

労災申請で地方労災医員の判断に対する、セカンドオピニオンをもらいたいのですが、どこの病院も、主治医の治療に関する意見を前提としていて対応してくれるところを探すのですがなかなか見つかりません。何かいい方法はないでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.

セカンド・オピニオンの場合、基本的に前院の診療情報提供書を求められる事が多いです。

受診歴を伏せて、全くの新患として、評価してもらうという方法はありますが、受診歴がバレた場合は信頼関係が崩れてしまうというデメリットがあります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
31169;のお聞きしたいのは”何かいい方法はないでしょうか?”です。主治医の意見に対するオピニオンではなく厚労省の地方労災医員の判断に対する意見です。
精神科医でいらっしゃるのであれば、別途ご意見をいただくことは出来ませんか?
専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.

労災委員は「労災医員は、労働者災害補償保険法の規定による保険給付及び労働福祉事業並びに労働基準法の規定による災害補償に係る事務のうち医学に関する専門的知識を要するものについて、文章又は口頭で(厚生労働省)に意見を述べる。」立場にあり、最終的な判断は厚生労働省が行うと思います。

判断が不服であるのなら、担当医と相談され、不服申立てや再申請を検討されてみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12377;でに審査請求は受理されています。また最終判断は労基所長であることも分かっています。しかし休業補償の認定されなかった点は労災医員による判断です。審査請求の資料とするためのオピニオンを求めているのです。このオピニオンをもらう方法が知りたいのです。たとえば病院の窓口でこのように説明すればいいとか、〇〇病院なら過去にそのようなことをしていたとかなどです。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

総合診療医のKKと申します。

とても難しいご質問だと思います。

率直に申し上げれば、労災関係の判断は難しく、非常に手間もかかるので、積極的に受けたがる医師は少数派だと思います。

また、労災申請の意見書を書くにおいての専門知識を持つ医師も少数派です。

そもそも、どのような疾患領域における、どういった経緯で起きた、どのような傷病に関してのご質問であるか教えていただけますか?

どういった点がご不満で、セカンドオピニオンを受けたいとお考えなのでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20855;体的に書かせていただきます。何年か前の話です。過重労働によりうつ病になりました。この点は労働時間により認められました。しかしその後寛解し、1年後にまたうつ病になった。しかしこの1年後のうつ病は労災に値しないとのことです。
通常労災は発病以前の事柄が問題となるため、この1年後の状態に関する資料はほとんど出していませんでした。そこで今回寛解したとされる時期に鬱の状態が悪く継続していた証拠を作成しております。その資料を見ていただきこの期間中うつ病は継続していたのか、やはり寛解していたのかの意見をいただきたいと考えております。
質問者: 返答済み 1 年 前.
20027;治医の意見だけでなく第3者の意見を求めています。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

しかしその後寛解し、1年後にまたうつ病になった。

そこで今回寛解したとされる時期に鬱の状態が悪く継続していた証拠を作成しております。

。。。寛解していたにも関わらず、「実は寛解していませんでした。うつ病が続いていました」という主張をするつもりであるということですか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
23515;解していないのに、寛解したと言われたため、その当時の様子を示す証拠を集めています。それを見ていただき寛解していたかどうかの意見をいただきたいのです。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

寛解していないのに、寛解したと言われたのかどうかは、その間の経過を見ていない主治医以外の医師には判断のしようがないと思います。精神科の疾患には客観的な病状評価の指標(血液検査や画像検査など)がないからです。

あなたが集められた「証拠」とはどのようなものでしょうか。

寛解していないのに、寛解したと言われた時点で主治医に抗議しなかったのでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
62;あなたが集められた「証拠」とはどのようなものでしょうか。
当時の体重の増減表
仕事がやプライベートに関するキャンセルのメール(複数)
友人の陳述書
当時行ったうつ病のセルフアセスメントの結果
当時のブログ
などです。>主治医に抗議しなかったのでしょうか。
主治医は寛解したと入っていません。労基署が言っているだけです。従って審査請求を行っているのです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;事がいただけないのに、評価できません。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

あなたが集めた「証拠」は、行政的には証拠となりえないと思います。

うつ病との因果関係が証明できないからです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12391;は具体的にどのような証拠ご必要なのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在問題となるのは寛解したかどうかと言うことです。最初の鬱については業務起因性については認められています。従って寛解していないことを主張しています。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

ですから、精神疾患に関しては、過去に遡って「寛解していなかった」ことを証明することは難しいと思います。

Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 837
経験: 2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
Dr-Kをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問