JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めて相談致します、よろしくお願いいたします。

解決済みの質問:

初めて相談致します、よろしくお願いいたします。
妻(51歳)子供無し、の状態が悪く婦人科の先生から精神科による治療が必要なレベルと診断されました。
患者本人が自分の症状を理解/説明できない精神状態のため本人に代わり私(配偶者)が判る範囲で以下説明致します、ご参考頂ければ幸いです。
1. 1965年、日本生まれ、生後からC型肝炎の持病あり。
2. 1991年8月に脊髄炎のため高知中央病院に入院、下肢+泌尿機能に障害残る。
3. 1998年、欧州に移住、以降18年間の海外生活による不安+ストレス。
4. 2013年6月突然意識を失い痙攣を起しドイツ/ケルン大学病院に緊急搬送、突発性発作と診断。
5. 2014年11月に私が脳梗塞/心筋梗塞のためケルン大学病院に入院し1.5年リハビリ生活を送る状態となり妻に将来への過剰な不安や心労を与えた可能性があります。
6. 2015年7月、意識が朦朧となりケルン大学病院に緊急搬送、SIADHと診断。
7. 2015年8月ケルン大学病院を退院、予後、血中塩分濃度は正常値を維持。
8. 2016年5月に本帰国以来、本人の実家で過ごしているが改善が観られない。
9. 気分が沈んだ状態が1年以上継続し、未だ改善がみられない。
10. 物事に対して全て受動的で話さなくなった、口数が極端に減った。
11. 話し掛けているのに上の空、笑わなくなった。
12. 意欲が湧かない、何事も億劫、無気力、以前好きだった事にも興味が無い、全身倦怠感。
13. 身繕いや服装など全ての事柄に対して無頓着になる。
14. 外出したくない、友達に会いたくない、電話連絡もしない。
15. 常に目を閉じていたい、傾眠傾向/意識障害。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

実際に奥様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。

①今回のご相談でご質問になりたい事項をもう少し具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;返信ありがとうございます。
妻の状態1~15までをご参照いただき、妻はどのような病の可能性や重篤性があるのかをお伺い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

②実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、奥様に下記のサイトで質問に答えいただき、最後に表示される点数を教えていただけますか?

https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

③「妻の状態1~15までをご参照いただき、妻はどのような病の可能性や重篤性があるのかをお伺い致します」⇒その診断を確実に受けるためには、インターネット相談をご利用になるよりも、直接精神科を受診されるべきではありませんか? 奥様が精神科受診を納得していない等、特別な理由がおありなのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;返信ありがとうございます。
オンラインうつ度診のリンク先をありがとうございます。
断結果は27点、極めて重度となりました。
妻は、精神科を受診したくない、投薬治療もしたくない、精神状態や態度で困っている次第です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;めんなさい、オンライン鬱診断結果は24点に訂正します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。

インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける24点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を 要すると判断される結果です。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、奥様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。

精神科=心療内科の受診をお勧めいたします。

ご記載を拝読する限り、入院が必要な水準であると考えます。

クリニックではなく精神科病院を受診されて下さい。

このサイトでは、適切な病識(自分が病気だという認識)が無い本人をどうやって受診させればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばあ りますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言ができるわけもありません。

魔法の呪文のような説得の仕方は、残念ながら存在しないのです。

統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。

受診までは、家族が何とかしなければならない部分なのです。

地域の精神保健福祉センターで家族相談を受けられることは、もしかすると事態の打開に役立つかもしれない方法のひとつです。相談員が奥様を病院に連れて 行ってくれるわけではありませんが、同様の相談を多く受けていますから、ご家族に有用なアドバイスをしてくれる場合が少なくありません。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;返信ありがとうございました。
ご意見、アドバイス、とても勉強になりました。
また、関連リンク先もありがとうございました。
家族で妻をして行く所存です。

精神科 についての関連する質問