JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 690
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

35歳男性O型Rh-現在・統合失調症の寛解期の抑うつ状態と、神経症性の妄想による邪推で怒り出したり、無気力・無感動・無関

質問者の質問

35歳男性O型Rh-現在・統合失調症の寛解期の抑うつ状態と、神経症性の妄想による邪推で怒り出したり、無気力・無感動・無関心が辛いです。
難治性統合失調症だった、小学生5年の時から対人恐怖と抑うつが虐めを契機に発症したのが前駆症状だったと思う。
中学生になると登校拒否や家庭内暴力をしてしまい、友達にも虐められた。幻覚・妄想が徐々に徐々に出てきて不安になった。部活は意外に演劇部で明るく意欲的な面もあった。勉強はそこそこ出来ました。
神社が好きで近くの格式のあるところに参拝を欠かさなかった。良いものと悪いものの区別はつきました。
中学生後半で幻覚・妄想の架空の世界と現実の違いがとうとう、つかなくなり霊の世界に入ってしまい治らなくなり半年入院しました。
ところが、それ迄無かった統合失調症の恐慌状態になってしまい。外出や勉学に支障をきたす様になり高校を退学して休んでいたが、つまらないのでNHK学園高校に再入学し21歳で卒業しました。
神社神道の信徒で自然に触れたり、お祭りに参加したり、花火を見るのが好きだった。そういうことをしながら、27歳まで入退院を繰り返していました。
27歳の時に絞首自殺未遂をして癲癇ミオクローヌスと体幹障害を患ってしまいました。
一生、車椅子になってしまいましたが自分の起こした因縁ですので両親兄弟御先祖さまにかけた迷惑と心配、神さまへの忘恩と不信仰を償う為にです。
一生掛けて自分を高める努力をし、その事によって得た能力や智慧により人様の為になって、それにより人々救うことをさせて頂くすばらしい人になる決意を新たにしました。
しかし、現在家が神社なのですが祖父は神職をしたのですが、父は会社勤めをして継ぎませんでした。わたしが、神主になったのですが人間関係のマナーを覚えるのに苦労しました。車椅子で神主を執行する為にバリアフリーの工事を行いました。
今、父は糖尿病腎症で人工透析でふだんから寝たきりです。母は、わたしの介護疲れとわがままで疲れ切っています。近すぎる関係だからこそエゴがお互いにでて良い気がしません
わたしも自分を変えて向上して謙虚になって素晴らしい人になろうとは努力しているつもりですが中々たいへんです。
普段からご祈祷をしたり神社祭祀などの仕事をしています。わたしの神社には尊い神さまがいらっしゃいますが、なかなか参拝者が増えないのが悩みです。
それから、ジプレキサ・ロナセン、リフレックス・トレドミン、リボトミール・デパケン®
エクセグラン、タスモリン、ジアゼパム、マイスリー。を服用しています。
憂鬱できがふさいで神棚に祈る気も起きません。本も良くAmazonなどでよく購入しましたが読む気が起きません、つらいです。
夜になると、なんだかんだ調子を崩します。イライラしたり、だるくなったり、憂鬱な気分になったり、神経過敏になったり、逆に何も楽しめなくなったりします。
朝はそれ程ではありませんが、日中やはりだるいです。憂鬱になり、気分が塞ぎます。
主治医に話しましたが分かったような返事をするだけで治りません。どうしたらよいのでしょうか。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr-K 返答済み 11 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。

若年発症の統合失調症で、色々な抗精神病薬が用いられていますが完全に症状が消失したこともないようですので、いわゆる治療抵抗性統合失調症を患われているのだと推察します。

統合失調症の治療薬(抗精神病薬)は基本的にはどれも脳内のドーパミンという物質の働きを遮断することで幻覚や妄想を抑える働きをします。
しかしそうしたお薬で妄想が治まらない難治性(治療抵抗性)の患者様が一定数おられることは確かです。

近年、さまざまなアプローチで、別の方法で統合失調症の症状を改善しようというお薬の開発が試みられてきましたが、どれも失敗しています。

現時点で、治療抵抗性の統合失調症に効果があることが証明されているのは、「クロザリル(成分名:クロザピン)」というお薬ただ一つだけです。
このお薬が、2009年から日本でも使用可能になっています。

http://www.novartis.co.jp/news/2009/pr20090728.html

クロザリルは、取り扱いが難しいために、使用できる病院が限られています。

【クロザリルの治療を実施している医療機関情報】

http://www.clozaril-tekisei.jp/iryokikan.html

主治医と相談されて、クロザリルを使用できる病院への紹介を検討していただいてはいかがでしょうか。

精神科 についての関連する質問