JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

困っています。ゲベタミンがなくなるということで、薬を調整中ですが、なかなかみつかりません。現在アタラックスp50ミリ

解決済みの質問:

困っています。ゲベタミンがなくなるということで、薬を調整中ですが、なかなかみつかりません。現在アタラックスp50ミリ ふるにとらぜ アメル1ミリ ジアゼパム5ミリ レメロン15ミリ 運動をすすめられ ジムにかよいはじめましたが、つかれていると眠れますがお休みのひにはまったくききません。ねむれないので、 のんではいけないといわれているラボナを50ミリのんでしまいました。わたしはこの、くすりはよくないとしりました。ほかに、私にあうくすりはありますか?ジム通い ほんとうに、精神的においこまれています。つかれるまでやらないとねむれないのです。わたしはもう精神的に限界にきてます。宜しくおねがいします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

ベゲタミンはクロルプロマジン+プロメタジン+フェノバルビタールの合剤で、このそれぞれの成分は販売停止になったわけではないので、ベゲタミンの代わりにこの3剤を処方してもらえばよいのではないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20170;の処方のおくすりではだめですか?先生にお話しましたが、やってもらえないです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

端的に申し上げて「だめ」だと思います。

ベゲタミンの主成分はフェノバルビタールですが、これは「バルビツール系」と呼ばれる、とても古いタイプのお薬で、非常に強い依存性があります。

これを含むベゲタミンを長期間に渡って服用されてきたのであれば、相談者様の脳は「バルビツール依存」の状態になってしまっており、急にベゲタミンを中止されたことで、離脱症状(いわゆる禁断症状)としてのリバウンドの不眠が起きている可能性が高いと思います。

代わりに処方されたアタラックスは抗ヒスタミン薬、ジアゼパムは「ベンゾジアゼピン系」の抗不安薬、レメロンは、副作用として眠気が出やすい抗うつ薬ですが、バルビツール系の依存・離脱症状はバルビツール系の薬剤(ラボナなど)でしか解消できません。

私個人も非バルビツール派ですが(依存性が高く、安全性が低いお薬だからです)、中止するのであれば、急に止めるのではなく、徐々に量を減らしていく方法をとらなければ、相談者様のような状態になってしまうのです。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

主治医に、フェノバルビタールの処方と、その漸減による、離脱症状を最小限にする薬物調整をお願いすべきだと考えます。

これまでその主治医がベゲタミンを処方し続け、相談者様が依存症になってしまったわけですから、主治医にも責任があります。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12393;んな読み方をしてへらしていけばよいですか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
12414;だこのちりょうをはじめたばかりなのでべゲタミンをやめてから二週間ぐらいです。昨日はゲベタミンのジムをやすんでつかれてなくてラボナを50ミリのみました。のみました。ぐっすりでした。べげたみんのやめていくぼうぼうを
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

現実世界で相談者様を診察した医師が処方したお薬の調節方法について、別の、相談者様を診察していない医師がインターネット越しに指示をすることはいたしかねます(医師法における「無診察診療」と見做される恐れがあります)。

減量の方法は主治医が決めるべき問題です。

ただ、通常、バルビツールの減量・中止は本当に難しいので、ごく少量ずつ、時間をかけて減量していきます。

電話で相談されたいのが減量の具体的な方法であるのであれば、残念ながらそれに応じることは出来かねます。

薬剤の処方は主治医の専権事項であるからです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20170;ラボナとゲベタミン両方もっていますが、バリーツ系の薬のこうかはどちらが
つよいですか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

フェノバルビタール15mgとラボナ50mgが等価(同じ効果)です。

少ない用量で同じ効果を発揮できるフェノバルビタールの方が強いお薬ということになります。

ベゲタミンAには40mgのフェノバルビタールが含まれていますので、ラボナ133mgと等価です。

ベゲタミンBには30mgのフェノバルビタールが含まれていますので、ラボナ100mgと等価です。

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;んにちは 今日主じ医の先生に聞いたら
べゲタミンの主成分としての薬は販売としての形をとってないそうです。どうやったら 手にはいりますか?

精神科 についての関連する質問