JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

統合失調症で障害年金2級を受給している者です。現在いるクリニックで障害年金の診断書を書いて貰っているのですが、最近治療方

解決済みの質問:

統合失調症で障害年金2級を受給している者です。現在いるクリニックで障害年金の診断書を書いて貰っているのですが、最近治療方針に納得がいかなくなりまして、距離も遠いので近くの病院に転院したいと思っております。しかしながら、次の障害年金の更新が、来年の5月で、9か月しかなく、転院先の病院に書いて貰える保証もなく(分からない)、次の病院での受診期間も短いため、納得いかなくても、次の更新まで、我慢して今の病院にいたほうがいいのでしょうか?それとも思い切って転院してもよろしいのでしょうか?分からないので、よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

一般的には、転院の際には現主治医から、次に通う病院への紹介状が必要です。

それに加えて、精神科間の転院においては、(それらを受給している場合)、自立支援医療(精神通院医療)の診断書や、障害年金の診断書、障害者手帳の診断書のコピーも貰うことが重要です(控えは必ず現在の主治医が保管しています)。

これらの診断書は記載量が多く、また初診時からの病歴が記載されていなければならないので、いきなり飛び込みで他院に転院した場合、新しい主治医は、診断書を書こうにも書けません。何とか書いた場合でも、前回提出された診断書と内容に齟齬があった場合、受給が出来なくなる場合もあります。

従いまして、転院を希望されるのであれば、現主治医にその旨を告げて、障害年金の診断書を含めた各種書類のコピーと紹介状を忘れずにもらって下さい。

それらを持参しての転院であれば、次の病院の主治医がよほどのへそ曲がりでない限りはこれまで通りの診断書を書いてもらえます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問