JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

大阪のとある総合病院の神経精神科にかかっています。 パニック障害でデパスを一日8錠服用を続けて19年になる女性です。

質問者の質問

大阪のとある総合病院の神経精神科にかかっています。
パニック障害でデパスを一日8錠服用を続けて19年になる女性です。
思春期から出始めた症状でしたが、1997年に出産するまでは年に二度ほど季節の変わり目などに不安発作を起こしたら服薬し、落ち着いたらやめるで抑えられていました。
ところが、1997年の出産後(過強陣痛、胎児仮死、吸引分娩という難産でした。)三か月目に恐怖感の大発作が起きてデパスがなかなか効かないという現象が起きました。今思えば、三時間おきの授乳や何やらで疲労困憊していたからかと思いますが、デパスを三錠飲んでもなかなか治まらなかったと告げると、1㎎✖3錠を朝・昼・晩と一日9錠を処方されました。
少し落ち着いてから、カウンセリングとの平行など、減薬への方法はないかと尋ねたり、他の薬を尋ねたり、肝機能検査の必要はないかと尋ねる都度スルーされて来ました。
やがて、子供に発達障害が見つかったりで自分の事どころではない数年間を過ごした後は、すっかり依存性ができていて、薬効が切れて来ると睡眠中でも目覚めてしまうようになりました。
感覚的に6時間でそれを感じるので1回2錠×4回で一日当たり9錠処方されている薬を8錠に抑えて18年を平穏にやって来ましたが、突然行政の方針が変わったから一日6錠にまず減らせと言われても無理で、メイラックスの併用も効き目がない状態でした。
医師は「保険対象から外されて困るのはあなたでしょう。」と脅迫めいたことを言いますが、減薬希望のあった最初の5年間を無視されて来て、やっとこのペースで平和な日常を得て来たのに・・・8時間開けようと思ったら時計とにらめっこで一回は頑張れても次はダメです。
保険を打ち切られて生活が成り立つほど裕福な家庭ではありません。
この持病を持ちながらも読み聞かせや舞台司会をボランティアでできるほど元気に生きてきましたが、初めて自殺を意識しました。
昔、同病の友人が妊娠を期に急な断薬を試みて、凄まじい離脱症状に陥ったのを目の当たりに見ているので、夫や息子にそんな姿を晒すことを考えるだけで死んだ方がましだと思うのです。
行政は現場の現状や経緯を全く考慮してくれないのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.

質問の要点がわかりにくいので、具体的にしていただけたら幸いです。

精神科 についての関連する質問