JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

夫は20年ほど前からほぼ毎日飲酒をしています。11年位前に仕事のストレスから心の病になり、その当時は飲酒量が増加しま

解決済みの質問:

夫は20年ほど前からほぼ毎日飲酒をしています。11年位前に仕事のストレスから心の病になり、その当時は飲酒量が増加しました。心療内科に通って服薬しましたが、仕事に出るようになってからは、服薬も中止しました。
その後は、特にストレスを感じなければ普通に勤務できましたが、業務が増えると休みがちになります。飲酒量は出勤するようになって以降、ほぼ毎日焼酎を360㏄飲んでいます。
体に影響があると思うのですが。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんばんは。猫山と申します。精神科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。具体的に内蔵への影響もあると思うのですが、酔ったときの記憶がありません。それはもう本人にとっても家族の間でも当たり前のことのようになっています。ですから、酔ってしまったら何も話ができない、しても記憶にないのでまた1から話すことになるというのが常です。10年くらいもそのような状態が続いていて、認知症などになっていくのではないかという不安があります。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 アルコールは神経系への影響が強いので、認知症に近い病態を呈される可能性は高いと考えます。http://komakosensei.hatenablog.com/entry/アルコール性認知症↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ これで回答になっておりますでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信が無いが無いということは、これまでのやりとりを通じて問題が解決したのでしょうか。その場合はシステム上での評価をお願いいたします。  http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。 【回答を評価するには、どうすればいいですか】 専門家からの回答の下に表示される、5つの顔から1つ選択して、回答を評価してください。プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。 http://ww2.justanswer.jp/sites/default/files/help/Drupal_How%20do%20I%20rate%20answer.png
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問