JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

子供がカードゲーム依存症です。勉強が手につきません。カードができないと、自暴自棄になり、暴言を吐きます。本人も依存か

解決済みの質問:

子供がカードゲーム依存症です。勉強が手につきません。カードができないと、自暴自棄になり、暴言を吐きます。本人も依存から離れなれたいけど、離れなれないといっています。心のケアを求めたいのですが、どこい行けばよいですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

ゲーム依存症とは「ゲームに没頭するあまり、ゲーム以外の日常生活の事柄がおろそかになり、睡眠や仕事、食事などそれまで問題なく行えていた生活に 支障をきたし、何よりもゲームが優先されている状態」と定義されています。

実際にご子息を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、ご子息が上記基準を満たす可能性は高いでしょう。

少し補足情報を下さい。

①18歳でカードゲームに夢中、というのは珍しいように思いますが、それは、インターネットやスマートホンではなく、実物のカードを用いて行うゲームでしょうか。1人で遊んでいるのですか?

②「心のケアを求めたい」というのが「ゲーム依存症を治したい」という意味であるならば、おそらく、体系的な対応が出来る医療機関で1~2ヶ所しかありません。差し支えなければ、お住まいの都道府県を教えていただけますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

ゲームを優先し勉強しません。成績もすごく下がっています。

本人も自覚していますが、できないとのことです。

①実物のカードを用いて行うゲームです。外出し、複数人と行っているようです。対戦することでカードを入手し専門店で売却しているようです。インターネットの環境は与えていません。以前は、与えていましたが、ゲームに没頭するので取り上げました。いろいろな手段を用いて、インターネットを使っているようですが。スマートホン、ガラケーは与えていません。

②広島県です。

よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご子息は、依存症になりやすい性向の持ち主であるようですね。

ゲーム依存症は「行為に対する依存症」の1つです。

敢えて申し上げれば、以下の2院が、これに対応できることを謳っています。
https://byoinnavi.jp/hiroshima/q05

本当の意味での対処が可能なのは久里浜医療センターだけであろうと思います。
http://www.kurihama-med.jp/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

回答ありがとうございます。

ちなみに、ご提案の病院に行くとゲーム依存症は治るのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

広島県の2院については、私が個人的に治療内容や治療成績を存じているわけではありませんので、それに関しては何とも申し上げかねます。

ただ、一般論として、「依存症」と名の付く疾患に「治る≒完治」という概念は無いと理解されておいた方がいいと思います。

率直に申し上げれば、ご子息のように「依存性向」がある方は、何にでも依存します。
インターネットを取り上げたらカードゲームに走ったように、カードゲームを取り上げられたらお酒に、お酒を取り上げられたら薬に……といったように、いたちごっこになることがしばしばです。

従いまして、ご家族が治療導入からその後の定期的通院に至るまで、一貫して患者様を説得し、必要ならば病院に連れて行くことを繰り返さなければなりません。
それが依存症の治療の現実です。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

精神科 についての関連する質問