JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年9月末にうつ病で1年間休職し、今年10月から別部署へ復職、時短ですが、3か月間、休みなく出社しています。仕事量も徐々

解決済みの質問:

昨年9月末にうつ病で1年間休職し、今年10月から別部署へ復職、時短ですが、3か月間、休みなく出社しています。仕事量も徐々に増やしてもらい、対応できているところです。リフレックスを夏頃から1/4錠に減らし、経過良好のため、12月中旬に服薬を中止しました。1月からは、時短ではなく通常勤務に移行します。仕事はまだ簡単な内容のため、意欲的に取り組めるのですが、土日は少しダラダラとしてしまっています。休職前は、休日を資格取得のための勉強等、時間を有意義に使えていたのですが、今は全く意欲が沸きません。土日を元気に過ごせるようになるには、どのくらいかかるものでしょうか。また、そのために何か有効な生活方法がありましたら、ご教示をお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
①実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
こんばんは。質問の点数は7点です。新しい仕事内容なので、まだミスも多く、休職前のトップスピードには全く至らないと感じているところです。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける7点は、まだ相談者様のうつ病が完全には治っていない(「寛解」していない)ことを示唆する所見です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf
前回のご質問も拝見しましたが、相談者様がリフレックスを漸減・中止したのは相談者様のうつ病が寛解したという前提に基づいたものだったはずです。
「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われました。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-108.html
しかし近年では、「本当の」うつ病には慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。
http://d.hatena.ne.jp/iDES/20090615/1245053703
相談者様のうつ病は治っておらず、このまま業務上の不可が増していけばさらなる再燃・悪化が予想されます。
「土日を元気に過ごせるようになる」ためには、まずうつ病をしっかり治し、それを維持することだと思います。今のままではどんどん状況が悪化していく可能性があります。
主治医と相談して、治療を再開・継続することを強くお勧めいたします。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
現在2週間に一度、クリニックを受診しており、今月中旬に服薬中止を指示されました。次回受診時にもう一度、現在の睡眠と身体状態、休日の状況を伝えて、話し合ってみようと思います。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。
※私見では、日本の心療内科医/精神科医の6~7割は薮です。
それを裏付ける、患者様にとっては不幸なデータがあります。
2006年に毎日新聞で記事になりましたが、日本うつ病学会が調査した結果、日本のうつ病患者様のうち、適切な治療を受けているのは25%に過ぎないことが判明したのです。
10年前の調査ですが、残念ながら現状も変わりはありません。
このことを考えると、病院選びには慎重になるべきでしょう(最後の6箇条は良医選びに大いに参考になると思います)。
【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
話が噛み合わないようならば、転院も検討されるべきでしょう。
主治医と良くコミュニケーションが取れていれば、「土日を元気に過ごせるようになるには、どのくらいかかるものでしょうか。また、そのために何か有効な生活方法がありましたら、ご教示をお願いいたします」という相談は、主治医にされているだろうと思いますので……

精神科 についての関連する質問