JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

12月15日に質問させていただいた、統合失調感情障害51歳の男性です。先日はご回答ありがとうございました。 躁状態の時、

解決済みの質問:

12月15日に質問させていただいた、統合失調感情障害51歳の男性です。先日はご回答ありがとうございました。
躁状態の時、9か月ほどジプレキサの投与を受け10kgほど増え糖尿病になりました。主治医の先生は、ジプレキサの副作用で糖尿病になったとおっしゃっています。このような場合、医師の責任は追及できるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山です。
「責任は追及」とは、具体的にはどういったことでしょうか?
裁判(医療訴訟)を起こすという意味ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
度々お世話になります。今の主治医の先生には長期に渡りお世話になっておりますし、できれば医療訴訟のような手段は取りたくないと考えております。しかし、ジプレキサの投与で体重が大幅に増加したことはお伝えしておりましたし、先生ご自身が糖尿病になったのはジプレキサが原因だとおっしゃっています(血液検査は3、4か月に1回の頻度でした。)。ジプレキサは糖尿病になるまで使い続け、なったら中止するというのがスタンダードなお薬なのでしょうか。糖尿病は命に関わる病気と聞いておりますし、主治医の先生の治療手法に過失があったと認められる場合には、最悪の場合法的手段に訴える可能性もあるかと思います。
以上です。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
「著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至る場合があるので、本剤投与中は、血糖値の測定等の観察を十分に行うこと。
投与にあたっては、あらかじめ上記副作用が発現する場合があることを、患者及びその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断し、医師の診察を受けるよう、指導すること。[「重要な基本的注意」の項参照]」
http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00047589
米国ではこの問題で何百億ドル単位の訴訟が起きているお薬です。
使用開始に先立って説明がなされ、投薬中の血糖モニタリングが行われていなかったのであれば注意義務違反を問えます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
迅速なご回答に深く感謝申し上げます。『投与にあたっては、あらかじめ上記副作用が発現する場合があることを、患者及びその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断し、医師の診察を受けるよう、指導すること。[「重要な基本的注意」の項参照]」』上記のような説明は一切ありませんでした。糖尿病になったので、もうジプレキサは投与できないとだけ言われただけでした。
しかし、説明がなかったという証拠はありません。言った言わないの話になる可能性が高いと思います。注意義務違反を問えるでしょうか(これは弁護士に相談すべき問題かもしれませんが。)。
私は血液検査の頻度が十分でなかったのではないかと推測しております。糖尿病と診断されるまでの血液検査では、HbA1cは正常値でしたが、血糖値は常に基準値を上回っていました。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
カルテが証拠になります。
カルテに、適切な説明をしたか、血糖値上昇に対して適切な対処(内科紹介など)をしたか、記録として残っているかどうかが医療訴訟の焦点となります。
ここから先は法律カテゴリーの問題となります。
弁護士に相談し、カルテの開示手続きをとってもらうことをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
迅速なご回答ありがとうございます。カルテに、「適切な説明をした。」と虚偽の記載をしている可能性はあるでしょうか。法律カテゴリーの問題とのことですが、ご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
可能性はきわめて低いと思います。
「適切な説明をした。」だけでは証拠能力はありません。
どのような説明をしたのかが、文書で残っている必要があります。
以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。非常に参考になりました。益々のご活躍を祈念しております。今後も猫山先生にお世話になる機会もあると思います。よろしくお願いいたします。

精神科 についての関連する質問