JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

51歳の男性です。統合失調感情障害と診断されて16年になります。うつの際にはコタール症候群になりました。発症から8年

解決済みの質問:

51歳の男性です。統合失調感情障害と診断されて16年になります。うつの際にはコタール症候群になりました。発症から8年後に離職しました。現在は統合失調症の症状(注察妄想、思考伝播、宗教妄想など)は現れませんが、しっかり服薬していても躁とうつの波が周期的にやってくるため、就職活動ができていません。1年前には躁の急性期となり3か月入院しました。今は通院治療で、リーマス、アナフラニール、ロヒプノール、ベンザリンが処方されています。なんとか働きたいと考えているのですが、就労に支障が無い程度に躁鬱の波は収まるでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、経験的に申し上げれば、16年間の病歴があり、現時点でも躁うつのこのトロールがついていないのであれば「就労に支障が無い程度に躁鬱の波は収まる」ことは期待薄ではないかと考えます。
少し補足情報を下さい。
①服用されておいるお薬のそれぞれの1日量を教えて下さい。
②リーマス(炭酸リチウム)の血中濃度を教えて下さい。
③アナフラニールのような抗うつ薬はずっと服用されているのでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
迅速なご回答に深く感謝申し上げます。
①服用されておいるお薬のそれぞれの1日量を教えて下さい。→リーマス:朝夕併せて600mg アナフラニール:寝る前10mg
ロヒプノール:2mg ベンザリン10mg②リーマス(炭酸リチウム)の血中濃度を教えて下さい。→おおよそ0.7mEgq/L③アナフラニールのような抗うつ薬はずっと服用されているのでしょうか?→うつ状態がひどく、どうしても耐えられない時にだけ処方していただいています。
以上です。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
気分安定薬を十分な量用いて、必要時にのみ抗うつ薬を用いるのは、非常に適切な治療法であると言えます。
たったこれだけの、基本的な治療を行える精神科医が、残念ながら日本では少数派なのです。
適切な治療を受けられていて気分の波のコントロールが付かないのであれば、今後も治療は苦戦することが予想されます。
「就労に支障が無い程度に躁鬱の波は収まる」ことは容易ではなく、短期的には達成は難しいのではないかと考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
再度の迅速かつ適切なご回答に深く感謝申し上げます。
重ねての質問で恐縮ですが、ご回答いただければ幸いに存じます。気分調整薬にはリーマスの他にもエビリファイなどがあると聞いていますが(服薬したことはありません。)リーマスから他の気分調整薬に変更することで病状が良化する可能性はあるでしょうか。ただ、コタール症候群になったときの主治医の先生からは「コタール症候群に有効なお薬は唯一リーマスだけで、服用を中止するとコタール症候群が再発する可能性がある。」と聞かされており、リーマスを中止するのには非常に不安があります。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
躁うつの波を抑える気分安定薬としては、リーマスの他に、デパケン(バルプロ酸)、テグレトール(カルバマゼピン)、ラミクタール(ラモトリギン)があります。エビリファイにも気分安定作用があることは知られていますが、気分安定薬と呼ぶには少し毛色が異なり、まだ評価は定まっていません。
リーマスを中止することが難しいのであれば、2剤以上の気分安定薬を併用することはあります。
リーマスを用いたまま、他の気分安定薬も用いるということです。
しかし薬剤の種類が増えると、副作用のリスクも相乗的(相加的ではありません)に増していきます。
従いまして、その判断は、主治医が、相談者様の状態を確かめた上で下されるべきものです。
相談者様の治療選択肢として気分安定薬の併用が現実的であるかどうか、主治医と相談されてみることをお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先生のご回答、大変参考になりました。ありがとうございました。益々のご活躍を祈念いたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先日はご回答ありがとうございました。
躁状態の時、9か月ほどジプレキサの投与を受け10kgほど増え糖尿病になりました。主治医の先生は、ジプレキサの副作用で糖尿病になったとおっしゃっています。このような場合、医師の責任は追及できるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

精神科 についての関連する質問