JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

主人が転勤後役員に昇格した頃から、常務からのパワハラでうつ病になりました。 まだ今はなんとか通いていますが、最近で

解決済みの質問:

主人が転勤後役員に昇格した頃から、常務からのパワハラでうつ病になりました。
まだ今はなんとか通いていますが、最近では顔を見るだけで手が震えるようで
一週間に2回ほどの割合で電車に乗れず、タクシーで会社へ向かっているそうです。
49歳で人生で一番しんどいと本人も漏らしています。よほど辛いのだと思いました。
常務であるその上司は人格否定のパワハラが強い方のようです。私は話を聞いてるだけですが、人権侵害にもあたるような戦後の古い体質が残っている、そんな上司です。
子供もいるので離れて暮らしているのですが、昨日おとといと私との会話でやたらと
謝ってくるのです。いつもと違うので心配です。ちなみにお薬はパキシル10mgと頓服にレキソタンです。
病院へ電話でもいいからかけて、手が震え始めたなど伝えたほうがよいとアドバイスしたのですが、その気力さえも今はないようでとても心配です。
どうしたらよいでしょうか。その上司だけが原因なので会社を辞めたくないみたいですが
家族としては辞めて戻ってきてほしいと言っていますが、無理なようです。養わないといけないからと。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
ご不安・混乱は理解いたしますが、今回のご相談でご質問になりたい事項をもう少し具体的に教えていただけないでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
すみません。
お薬で、パワハラが苦痛に感じなくなるものなのでしょうか?個人差やお薬があうあわないはあるかもしれませんが、妻の私の意見は 上司を変えることはできなので環境を変える、もしくは退職するしかないと思うのです。体を本当に壊してからでは本末転倒なので。
本人がうつ病と診断されても、まだ通勤出来ているのであれば様子を見守るしかないのでしょうか
お薬があえばパワハラの上司に対してもスルー出来るような精神状態になるのでしょうか
質問が2つです。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
まず、抗うつ薬とは、人間を無感覚にするお薬ではありません。
一口にうつ病と言っても色々なタイプのものがあります。
脳の病気としての性格が強く、何のきっかけも無く、比較的急激に発症するうつ病もあります。
深刻なストレスがかかり、もしくは複数のストレスが重複・持続することで次第に進展していくタイプのうつ病もあります。
ご主人は明らかに後者だと思われます。
ご記載のような状況ならば、気持ちが塞いでも当然でしょう。それがあるところで一線を越えてしまったのだと思われます。
ご主人のようなタイプの患者様の場合、環境調整を行わずに薬物療法を行ってもほぼ意味がありません。
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では治療方針を決められるわけではありませんが、例えば私ならば、「要自宅療養」の診断書を作成して、ご主人にお仕事を休んでご自宅に戻っていただき、重圧を取り除いた状態で薬物療法を行うと思います(精神医学の世界では「薬を効かせるためには、薬が効く環境を整えるべきである」という諺めいた格言があります)。
骨折でギプスを巻いても、安静を保たずに動き続ければ骨がくっつかないのと同じ理由です。
自宅療養でも心が安まらないのであれば、入院も検討するであろうと思います。
「電車に乗れず、タクシーで会社へ向かっている」というのは、かなり「ヤバイ」と思います。
敢えて端的に申し上げれば、自殺の危険も否定できない印象を受けます。
一方で、「退職するしかない」かどうかは現時点では決めるべきではありません。
精神医学 の世界では古くから「調子が悪いときは重要な決断を下すな」という格言がありますが、私はこれは現在でも信じる価値がある経験則であると思います。
現時点でご主人には本来の判断力が失われています。その状態で下した判断は、治った後で後悔のもととなることが多いのです。
同様に、「会社を休む」という判断ができないのも病気の症状だと考えられるべきでしょう。
> 本人がうつ病と診断されても、まだ通勤出来ているのであれば様子を見守るしかないのでしょうか
⇒上述の通りです。通勤できなくなってからでは遅すぎます。現時点で、最低でも、自宅療養をされるべきだと考えます。
> お薬があえばパワハラの上司に対してもスルー出来るような精神状態になるのでしょうか
⇒なりっこありません。
まず主治医にお願いして診断書を作成してもらい、自宅療養下で薬物療法を続けられるべきでしょう。
「離れて暮らしている」とのことですが、それであるならば、ご自宅から通いやすい範囲の精神科・心療内科医療機関に紹介状を作成していただき、転院されるべきだと考えます。
長くなりましたが、以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。そのような方向で主人にも伝えてみようと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
あるいは、ご主人は休職に難色を示すかもしれません。
しかし、精神疾患の場合、状態が悪い時の患者様の意思を尊重することは、しばしば最悪の結果を招くことがあります。
必要ならばご親戚やご友人の力をお借りしてでも、ご主人を説得されるべきだと考えます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問