JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

74歳の母親が昨年の12月から介護施設に入居、それより少し前に精神状態がおかしいと思い、精神科に見てもらおうとしましたが

解決済みの質問:

74歳の母親が昨年の12月から介護施設に入居、それより少し前に精神状態がおかしいと思い、精神科に見てもらおうとしましたが、その際は頑なに拒否をした為、診察を受けずそのまま介護施設に入居。6月あたりからふさぎがちになり、現在精神科のある病院に入院しており、後1週間で退院しなければなりません。元々1ヶ月半をめどに退院を目指してきましたが1ヶ月延期入院の理由が母親本人が非常にやせ形で現在148cmの28kgとなっており、それを少しでも改善させるための入院と言われました。主治医に母は鬱病ですか?と聞いたところ鬱病ではないと言われました。でも私から見てすこぶる元気にはならないとは思いますが、常に鬱状態な気がしてなりません。入院して約2カ月で劇的に改善するとは思いませんが、患者と言うのは状態が低い状況が常なんでしょうか?常に先のことばかり考え(施設に戻り生活が出来るのか?夜眠れないのではないのか?等)他の事をやっても先の事ばかり考えてしまい夜も眠れないと訴えています。(眠剤を飲んでいるが全く効かず眠れないとのこと。主治医に言ってもわけのわからないことを言ってはぐらかされると母親は言っていました)先のことばかり考えずに他に目をやる方法はありませんでしょうか?こちらが今考えなくてもと言っても一切聞かず、施設で生活するのに不安ばかりを言ってしまいます(以前音が気になり、声をあげ、叫びそれが又起こるのではと不安に感じ、又最近音が気になり始めベッドの囲い?を持ち我慢。我慢していると看護師さんが来たり、また何か別の事が起こりそれは一旦収まる)又、薬について退院後はどうなりますか?と聞いたところ本人、家族次第ですと言われました。通院に関しても同じ様に言われました。こういう対応が普通のなのでしょうか?よくわからず病院の対応にも不安を感じます。こちらはもちろん専門的な事が一切わからないためこれが普通なんでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.
総合診療医のKKと申します。
ご心配、ご不満、おありかと申します。
普通の対応ではない……と言えると良いのですが、それが普通の病院もあります。
私自身は大学病院でしか研修・勤務の経験が無いのですが、大学病院の精神科ではお母様が受けているような対応はおそらくされません。
老人性うつ病や、認知症の初期症状を疑って検査が行われるでしょうし、可能な限りの治療は行われます。もちろん、高齢の患者様では脳自体の機能が低下してきていますから、治療に対する反応は若い方とは異なりますが、状態が低い状況が常、という考え方はしません。
どんな病気でもそうですが、手を尽くしても治らないことはあります。しかしそれは結果であって、良くすることを前提に治療が行われます。
ただ、日本では精神科病床の9割を民間病院が占めます。
こうした病院の治療水準は総じて低いと言わざるを得ません。
おそらく、お母様が入院されているのは民間の精神科病院ではないでしょうか。
であれば、水準がぐっと下がって、状態が低い状況が常、これが普通、ということになるかもしれません。
ではお母様を大学病院で診られるかというと、難しいところだと思います。仮に入院できても、最大8週間しか居られませんから、その後は民間の関連病院に維持治療をお願いすることになり、結局はいまお母様が受けられているような治療が行われることになります。
せめてもう少し高い水準の医療を求めて、他院を受診されてみるのも一手かもしれません。
私の立場では心苦しいところですが、これくらいのことしか申し上げられません。
ご検討下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答頂きまして有難うございます。先生のおっしゃる通り民間の病院です。退院後も通院をさせても意味がナイという事になりますでしょうか?今、かかっている病院に紹介状を書いてもらい大学病院へ通院という形も方法の1つになりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
重複してしまいましてすみません。ご回答頂きまして有難うございます。先生のおっしゃる通り民間の病院です。退院後も通院をさせても意味がナイという事になりますでしょうか?今、かかっている病院に紹介状を書いてもらい大学病院へ通院という形も方法の1つになりますか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。
前回答者をオプトアウトされたようですので、引き継ぎたく存じます。
前回答者の回答内容に大枠で異議はありません。
少し補足情報を下さい。
①お母様が「昨年の12月から介護施設に入居」されているということは介護認定を受けられているということだと思います。それは認知症に対してでしょうか? それとも何らかの身体的な障害がおありなのでしょうか。介護度も教えて下さい。
②現在の入院先である精神科病院は介護施設からの紹介ですか? 例えば同系列であるとか(同じ医療法人が介護施設と精神科病院を運営しているケース)、提携先の病院なのでしょうか。
③「主治医に母は鬱病ですか?と聞いたところ鬱病ではないと言われました」とのことですが、では、その病院では、お母様に対してどのような精神科的診断名が下されているのでしょうか。治療内容は?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
色々ご迷惑おかけしまして申し訳ございません。①認知症ではありません。元々食欲が低下した為、今とは違う病院(大学病院)へ入院となり、そこの病院で介護認定をした方がいいという事で介護認定を…という事です。介護度は3になります。
②介護施設からの紹介ではございません。介護施設に近かった為です。提携等関連はないです。
③に関してはスミマセン。医師の説明がよくわからず、医師は母親が低体重なのでそれを少しでも増やす為に…という事を繰り返しいうだけです。上手く説明できず申し訳ございません。
便秘、下痢を繰り返しているのですが、安定剤等の種類により、便秘になりやすいという事はあるのでしょうか
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
④要介護3ですと、「日常生活の家事や食事、排泄、入浴などの動作に全面的な介護が必要な状態」です。その原因となった診断名は何なのでしょうか? 大学病院で医師意見書が作成されたはずですが
⑤「定剤等の種類により、便秘になりやすいという事はあるのでしょうか」→これが今回のご質問ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
度々申し訳ございません。入院サマリという文章情報に診断名という記載ではなく主傷病名、入院時併存傷病名という項目があり、それには主傷病名 摂食障害 入院時併存傷病 低カリウム血症と記載してあります。先生の質問にこの回答がそぐわないかもしれません。申し訳ございません。⑤に関しまして勝手に何も言わず追加の質問をしてしまい度々ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。ご返信ありがとうございます。 診断あっての治療ですから、そこまで診断がはっきりしないということですと(ちなみに、傷病名=診断名と考えてよいのですが、摂食障害で介護認定は降りないと思います)、「退院後も通院をさせても意味がナイという事になりますでしょうか?今、かかっている病院に紹介状を書いてもらい大学病院へ通院という形も方法の1つになりますか?」というご質問にお答えすることは難しいと思います。前回答者の回答が、いただいた情報から絞り出せるぎりぎりのところだったようにも思われますね。 以下、仮定の話になります。実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、お母様がうつ病を発症されている可能性は高いと考えます。高齢者のうつ病独特の不安・焦燥感が前面に出た病像を呈していると考えます。その場合、不眠や食欲減退・体重減少、「便秘、下痢を繰り返している」のはうつ病の自律神経症状ということになるかもしれません。http://www.mental-navi.net/utsu/rikai/shojo2.html うつ病だとすれば改善の余地は十分になりますが、現在の病院や、元いた大学病院ではその診断も治療もしていないわけですので、入院・通院の意義は無いでしょう。高齢者の精神障害の専門性が高い医療機関を受診されるべきでしょう。 老年期の精神疾患(うつ病、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うもの の多さ、大きさに愕然となることが多くなります。一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。こうした患者様では、症状の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。 こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくないのです。 下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。 【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問