JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

パニック障害で10年程治療しており、去年ひとつの部署をまかされたプレッシャーで潰れてしまい、抑うつ状態で2月から3カ

解決済みの質問:

パニック障害で10年程治療しており、去年ひとつの部署をまかされたプレッシャーで潰れてしまい、抑うつ状態で2月から3カ月の休職をしました。職場の好意で部署移動をさせてもらえたのですが、6月にまた同様の症状で2週間の休職をしました。
新しい仕事は、覚えることも難しく焦ってしまい、前の部署を途中で投げ出したことへの無力感でいっぱいです。ここ2週間ほど、また同様の症状で仕事を休みがちです。このままでは周囲に迷惑をかけてしまいます。職場のスタッフは病気のことも知っており、好意的にみてくれますが、それも表面上で、こんなに中途半端なら辞めてほしいと考えているのかなど、不安を膨れ上がらせてしまっています。休職を繰り返して果たして良くなる日がくるのか、不安でなりません。どうすればよいのでしょうか。(38歳女性 一人暮らし)
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
恐れ入ります。
どのような回答を期待されているのでしょうか。
今回のご相談でご質問になりたい事項をもう少し具体的に教えていただけますと幸いです。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
主治医からは、再度の休職で心を落ち着けることを勧められています。これで3度目の休職になります。休職を繰り返すことで、状況は良い方向に変わることはあるのでしょうか。休職で職場に迷惑をかけることで、さらに不安が募り、状況が悪化することはないのでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
何か他に、具体的な解決方法(投薬や治療法)があれば、ご教授いただけますでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
病状が悪いのであれば休職はやむを得ないでしょう。
問題は、その休職中に、適切な治療を受けることができているかどうかだと思います。
「パニック障害で10年程治療」されているとのことですが(長いですよね)、平素、または休職中、再発防止のためにどのような治療を受けられている(受けられてきた)のでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
2週間に1回、主治医との面接を行ってきました。休職前には呼吸苦や恐怖感が強かったので、頓服をもらってまずは家でリラックスして生活するようにとの指導を受けていました。
通常は月に1回の診察で、パキシルとマイスリー・ハルラックを投薬してもらっていました。パニック障害は完治するものではないので、上手くコントロールして付き合っていきましょうと、言われています。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
①現在、パニック発作を伴ううつ病としての治療を受けられているのですか?
それとも、抑うつ症状を伴うパニック障害としての治療を受けられているのでしょうか。
②実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/
質問者: 返答済み 1 年 前.
①現在はパニック障害の増悪と診断書には記載されております。抑うつ傾向にはあるね、と口頭でのみ言われております。
抑うつ傾向と言われてからも、投薬内容は変わっておりません。
去年の暮れから、手足の硬直や震えが強く、神経的なものも疑われ、脳神経内科・神経内科・婦人科での若年性更年期障害の
検査を受けましたが、どれも以上はありませんでした。
ただ、婦人科では生理が止まりホルモンに異常があるとされ、一時期治療を受けました。
それと、同じく去年の暮れから肝臓の数値に異常があり(飲酒は全くしません)現在定期的に採血をして経過観察しています。
上記は全て主治医に伝えております。
②点数は20点でした。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
③10年間、同じ主治医にかかられているのですか?
④主治医の治療方針や治療内容、現在に至るまでの結果に対して、満足度を点数かするとしたら100点満点中何点ですか?
⑤診断があくまでパニック障害ならば、認知行動療法を勧められたことはないのでしょうか。「主治医との面接+薬物療法」だけです? 「休職前に呼吸苦や恐怖感が強かった」のに対して、「頓服を服用して家でリラックスして生活する」ことをゴールとして設定するのでは、率直に申し上げて復職できるはずがないと思うのですが。頓服を用いてようやくご自宅でリラックスできるレベルで、職場に行けるとは思われません。
⑥パニック発作の様子を具体的に教えていただけないでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
③10年同じ主治医に診てもらっています。セカンドオピニオンを受けたこともありません。④去年までは数年かけてですが安定しておりましたので、70点と捉えていましたが、現在は若干不安があります。⑤投薬以外の方法を勧められたことはありませんでした。⑥呼吸苦と動悸が主で、そのほか場合によって痙攣や震え、四肢の硬直や脱力を伴うこともり、1年に数回は恐怖感がこみ上げてきた時に、
右手で左の前腕をかきむしり、皮膚を欠損させるような自傷行動を起こすこともあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今、認知行動療法を検索してみたのですが、そのような名称は知りませんでしたが、考え方として「こう考えるようにしてみたらどう?」というような示唆は診察の時に何度か言われたり、その考え方ができるかどうか、数回質問されたことはありました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
パニック障害に対する認知療法は、以下のようなものです。
http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/panic09.html
薬物療法でパニック発作を一定以上までコントロールした後に、行動療法を用いて行動範囲を広げていくのが、パニック発作の国際標準治療です。
「パニック障害は完治するものではないので、上手くコントロールして付き合っていきましょう」という相談者様の主治医の方針も実のところ正しくはありません。
厚生省の研究班がまとめた治療ガイドラインにも、精神療法の重要性や、「抗うつ薬は十分な効果が見られたら、その量を6ヶ月~1年間維持し、症状の再燃がなければ、さらに6ヶ月~1年間かけて漸減中止する」と明記されています。
http://hikumano.umin.ac.jp/PD_guideline.pdf
ただ、相談者様の現在の主な病態はうつ病である可能性が高いと考えます。
行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける20点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を 要すると判断される結果です(重度)。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf
もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、重症うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。
この状態では、復職どころではありませんよね。
パニック障害に対する不適切な治療による症状の遷延、併発したうつ病を無視して、状態評価も十分に行わずに「不調だと休職、少し良くなれば復職」を繰り返したことで、二次的な問題が起こり(相談者様が感じる後ろめたさ、同僚の方々との関係)、それによってさらにうつ病が悪化するという悪循環が生じてしまっている可能性が高いと考えます。
「休職を繰り返して果たして良くなる日がくるのか、不安でなりません」というのがそもそものご質問でしたが、率直に申し上げて、現在の主治医のもとで相談者様が「良くなる日」は来ないでしょう。
転院をお勧めいたします。
医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。
医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。
【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
詳細な内容をありがとうございます。
今、順を追ってお話をさせていただく中で、自分でも現在はパニック障害よりも、うつ状態であるのかと思い、それを質問させていただこうと思っていました。
なぜ今自分はこんな精神状態になっているのだろう、という一番大きな不安が少し軽くなりました。
ご指摘の通り、近隣の病院を探して、早々に現状に見合った治療を受けられるよう、行動を起こしたいと考えています。
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。評価をお願いいたします。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問