JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

心療内科に通院中の30代女性です。

解決済みの質問:

心療内科に通院中の30代女性です。 病名は、双極性感情障害。内服薬が、ここ10年の通院で25種類あります。同僚に内服薬が多すぎるのではないかと指摘を頂きました。主治医に内服薬を減らせないかと打診したところできないと言われました。でけきれば、内服薬の種類を減量していきたいのです。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

理想的に治療が行われた場合、双極性障害の患者様が服用するお薬は1種類で済みます。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
状態は安定しています。内服薬の減量を希望します。主治医がなぜ内服薬を減量できないのか理解できません。25種類の内服薬を服用する事により採血データでは、明らかな薬物性肝障害があります。また、便秘も酷く下剤の服用が欠かせない状態です。さらに、血圧低下の症状があり降圧剤も2種類処方されています。
このまま一生、内服薬を服用していく必要があるのか不安です。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご不安は理解いたしました。

それで、私は、どのように相談者様のお役に立てるでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
現在内服薬の処方を受けている主治医に、どのように内服薬の減量を切り出していけばいいでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
「減らして下さい」と言うしか無いと思いますが、お薬が25種類になってしまう段階で相談者様の主治医には双極性障害を治療する技術や知識が無いのだと思います。

減らす技術があるならそこまで増えません。

転院をお勧めいたします。

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい (第8章「双極性障害の診断・治療に専門的に取り組んでいる医師の見つけ方」参照)。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問