JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は単身赴任をしております。(ほぼ週1回のペースで帰宅)自宅にいる私の妻(52才)が、妻の留守中に家に侵入され、何ら

質問者の質問

私は単身赴任をしております。(ほぼ週1回のペースで帰宅)自宅にいる私の妻(52才)が、妻の留守中に家に侵入され、何らかの薬剤をまかれていると言っています。被害は肌荒れを訴え、盗難等他の被害は訴えておりません。お風呂あがりなど少し肌が赤くなると重曹で何度も洗い直し、気になる洗濯物やシーツなどを洗い直しています。私が見ても何の症状もあらわれていません。最近では隣人が犯人だと確信しています。隣人はいたって普通の家族です。妻の要請もあり、それで安心するのであればと玄関の鍵も変えましたが、訴えはおさまりません。何か盗むわけでもなく、ただ単にちょっと肌が赤くなる程度の薬剤をまくことで、住居侵入のリスクはおかさない。と私が話すとそうだよね。といいつつ、妻の確信は変わりません。このこと以外の家事や仕事は、今までと変わらずこなしています。ありえないことを信じているため、被害妄想ではないかと思っていますが、どのように対処すればよいか、
専門医につれて行った方が良いか教えていただけませんでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。 実際に奥様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、典型的な「妄想性障害」の病像を呈されているように思われます。http://seseragi-mentalclinic.com/delusional-disorder/↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 精神科受診をお勧めいたします。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
大変参考になる回答をいただきありがとうございます。関連して質問させてください。
セキュリテイの強化や隣人と今まで以上に親しくするなどの対策を取り、本人が以前はそういうことがあったが、今はおこりえないという状況になったと感じた場合、症状は収まることはあるのでしょうか。
又、今はないですが、他の件についても、同様なことを考える可能性はあるのでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
残念ながら、非医学的な対処によって問題が解決することは無いと思います。例えば、同様の状態で、転居される患者様がおられますが、転居後しばらくは妄想は治まりますが、数週間も経つと転居先の隣人に対して同じような妄想を抱くようになります。
妄想を抱きやすい要因は患者様の脳の内部にあるわけですから、外部環境を整えてもあまり効果は無いのです。
「他の件についても、同様なことを考える可能性」、つまり妄想対象が広がる可能性も否定はできないでしょう。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問