JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、中学三年生女子の母親です。詳しくは聞いていませんが。友達とのトラブルで、学校に行けなくなっています。吐き気と脚

解決済みの質問:

現在、中学三年生女子の母親です。詳しくは聞いていませんが。友達とのトラブルで、学校に行けなくなっています。吐き気と脚のふらつき。その症状に葉、小児科で、処方して頂いたのですが。休日はそうでもないのに、登校となると辛いようで。心療内科を当たってますが、年齢を言うと、診れないと断られてしまいます。色々と探していて此処に行き当たりました。先生に相談すると、クラスで孤立すると言う怖さもあるようです。後は、先生に対する、不信感もあるとのこと。どうしたものか。宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

「色々と探していて此処に行き当たりました」とのことですが、今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

ここは医学カテゴリーですが、それで間違いはありませんか?
JustAnswerには、「暮らし・子育て・教育カテゴリー」もございます。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。ストレスから来る物だと思いこちらに、質問しました。このまま、学校に行けなくなるのではと心配しています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「吐き気と脚のふらつき」といった症状を説明しうる身体疾患がないという前提で回答するならば、それは「身体表現性障害」の症状ということになるでしょう。
http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/clinical/clinical_21/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

本件について、思春期精神医学の専門医療機関を受診されることは考えられていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

専門医療機関を受診することは考えています。しかし、問い合わせの電話をし

ても、「中学生は診れません。」と言われ、途方に暮れているのが現状です。

それから、その医療機関に通うにしても現在住んでいる所から遠距離なので

通うのが大変なのです。それでも通うのがいいのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

専門医療機関を受診するかしないかのボーダーラインではないかという印象を受けます。
そういった場合のベストの選択肢はスクールカウンセラーなのですが、「先生に対する、不信感もある」となるとそれも難しいかと思います(担任教師を通さない相談が難しいからです)。

お嬢様が精神科医療機関を受診されるとしたら、児童・思春期精神医学の専門施設を受診する必要があります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できないからです(「中学生は診れません。」と言われたのはそういう背景があるからです)。

受診するのであれば、以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

ただ、数が少ないですから、受診まで3ヶ月、6ヶ月待ちという状況が常態化しています。

お嬢様くらいの状態であれば、児童相談所の利用を検討されてみてはと思います。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応(カウンセリング)をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問