JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

15年前、パニック障害と社会不安症になりその後、解離性障害、強迫性障害、幻聴や気分の不安定な状況が続いています。

解決済みの質問:

15年前、パニック障害と社会不安症になりその後、解離性障害、強迫性障害、幻聴や気分の不安定な状況が続いています。
今40歳ですが、仕事は1日4時間のアルバイトです。
収入は僅かです。両親は年金暮らしですからあまり頼れません。ギリギリ精一杯です。
障害手帳の申請をDr.にお願いしましたが、どう考えても無理だと言われ続けています。
周りの手帳を持っている人は、自分よりも病状が軽く、強迫性障害の人。抑鬱の人。不安症の人。気分が不安定の人。
友達からは何故申請が通らないか不思議だとも言われましたがやはり無理なのでしょうか?
職場からは障害者枠に入れるとも言われています。それとも何か策があるのでしょうか?
お願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
「周りの手帳を持っている人」は、相談者様と同じ病院(クリニック?)に通われている患者様達でしょうか?
相談者様は主治医は勤務医ですか? 開業医ですか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
同じ人1人と同じ県内の別のクリニックです。
先生は個人の開業医です。クリニックです。
よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 障害手帳(精神障害者保健福祉手帳)の取得は障害年金の受給に比べるとかなりハードルが低いので、申請をすれば大多数の患者様は手帳の交付を受けられます。実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談で軽々なことは申し上げられませんが、2級での認定が可能な病状ではないかと考えます。「どう考えても無理」ということはないように思いますね。http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_06notebook.html↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ 相談者様の主治医が手続きを渋る理由は、単なる手間の問題かもしれません。障害年金の診断書の作成は、非常に時間がかかるものなのです。流行っている開業医ならば、その時間で他に患者様を何人も診られる……という打算をもたれる方もいます。 では転院して、というのもこの場合は得策ではないでしょう。新主治医にこれまでの経過を把握してもらうのに時間がかかりますし、現主治医が詳細な紹介状を作成してくれるかと言えばそれも望み薄です。それをしてくれる主治医ならば精神障害者保健福祉手帳の手続きをしてくれているでしょう。 受診されているクリニックにPSW(精神科ケースワーカー)がいるならばそちらと相談されるべきでしょう。いない場合は居住地の市区町村の担当窓口(障害者福祉事務所等)で相談されて下さい。こういう問題をサポートしている行政書士事務所がたくさんありますので、そちらを利用されてみるのも一法でしょう。http://www016.upp.so-net.ne.jp/solicitor-toshi/jiko-13-30tejun.htm 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問