JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

パーキンソン病と診断されてから約6年の53歳です。同時に眼瞼痙攣を発症しいています。 最近開眼失効の時間が増えてき

質問者の質問

パーキンソン病と診断されてから約6年の53歳です。同時に眼瞼痙攣を発症しいています。
最近開眼失効の時間が増えてきて身体も動けなくなり、日常生活も不自由になっております。
大学病院でボトックス治療を受けています。
そのため、精神的に限界になってきています。
精神的につらく自分で気持ちをコントロールできなくなっています。
家族には迷惑かけていることも要因かもしれませんが。
パーキンソン病と眼瞼痙攣が重なって症状が出てくるので非常につらいです。
病気を自分の中で受け入れていたはずでしたが、将来への不安等で精神的に
コントロールできないので困っています。
薬物療法のほかに他の療法での改善できないでしょうか。
出来る限り外出するようにしていますが、アドバイスしていただければ幸いです。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
大学病院でわからない治療法が、インターネット相談で文字のやりとりだけでわかるとは思われません。 精神的に限界になってきているのであれば、紹介状を書いてもらって心療内科を受診してみてはと思います。

精神科 についての関連する質問