JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、エビリファイ9mg,ロナセン2mを服用しています。 リボトリール0.5mgを断薬して1年程経過しますが、筋肉

解決済みの質問:

現在、エビリファイ9mg,ロナセン2mを服用しています。
リボトリール0.5mgを断薬して1年程経過しますが、筋肉の違和感がきえません。これはエビリファイ、ロナセンの副作用か、リボトリールの離脱症状かどちらなのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

少し補足情報を下さい。

①リボトリールは1日何mgをいつから服用されていたのでしょうか?

②精神科における診断名を教えて下さい。

③エビリファイ9mg,ロナセン2mgを服用されているとのことですが、なぜ2剤の厚生委Sン病薬を、中途半端な用量で処方されているのでしょうか。どちらか一方を、十分量用いるのでは問題があるのでしょうか(それが標準的は処方ですが)。

④血液検査は定期的に行われていますか? CK(CPK)という値がおわかりであれば教えて下さい。

⑤筋肉の違和感は全身ですか?

⑥筋肉の硬直感はありませんか?

⑦主治医の見解を教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
①1日0.5mgを2013年6月より2014年4月まで、その後0.5mg半錠を11月まで、その後飲んでいません。
統合失調症
③エビリファイ12mg処方されていたものを減薬目的で。
④定期的に行っています。ckは測っていません。
⑤背中から頭部にかけてです。
⑥違和感とは硬直感のことです。
⑦リボトリールは依存性が強く、規制されているから断薬した。
エビリファイはそのようなことがない、少しずつ弱めていく、運動や趣味で症状を紛らわすことはできないかとの事です。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご賢察の通り、リボトリールはベンゾジアゼピンの中でももっとも減量が難しい薬剤のひとつです。
一方で、統合失調症そのものには効果はありませんので、中止は適切な判断であったと考えます。

一方、現在エビリファイ⇒ロナセンへの置換途上なのであれば、エビリファイよりもロナセンの方が副作用であるパーキンソン症状が強い(≒筋肉の硬直が起こりやすい)ことはたしかです。

リボトリールはもともと低用量でのご使用だったようですし、時間をかけて減量されていますので、離脱症状が起こる可能性は大きくはないと考えます。

「違和感とは硬直感のこと」なのであれば、それは、ロナセンの副作用である可能性が高いと考えます。
アキネトンのような抗コリン薬で緩和が可能かもしれませんので、主治医に相談されてみることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問